こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

〈タワレコ限定・数量限定〉マルク=アンドレ・アムラン 来日記念セール〈46タイトル〉

カテゴリ : Classical セール | タグ : CLASSICAL セール

掲載: 2018年04月12日 00:00

アムラン②

世界屈指のヴィルトゥオーゾ・ピアニストとして名高いマルク=アンドレ・アムランが12年振りに来日を果たします!2018年6月の来日を記念して、公演曲目(シューマン“幻想曲”、ハイドン“ピアノ・ソナタ第48番(第58番)ハ長調 Hob.XVI:48,Op.89”)を含む50タイトルをタワーレコード限定&数量限定スペシャル・プライスにてご提供いたします。カプースチンやゴドフスキー、アルカンに自作曲まで超絶技巧の難曲から、洗練されたシューマンやショパン、録音が珍しいピアノ協奏曲など魅力的なタイトルが今ならお得!在庫の無くなったアイテムからセール終了となります。

セール期間

2018年4月12日(木)~2018年5月17日(木)10:00(予定)まで

[来日公演曲収録アルバムはこちら]

 

[その他オススメはこちら]
ドビュッシー:映像第1集&第2集、前奏曲集第2巻


[Hyperion Records 公式チャンネルより]

2018年、没後100年を迎えたドビュッシー。カナダのスーパー・ヴィルトゥオーゾ、マルク=アンドレ・アムランによるドビュッシーもオススメです!アムランの魔法のような両手から繰り出される印象派ドビュッシーの名曲たち。“映像第1集&第2集”、“前奏曲第2巻”を収録しています。

イン・ア・ステイト・オブ・ジャズ~グルダ、カプースチン、ワイセンベルク、アンタイル

グルダ!カプースチン!ワイセンベルク!アンタイル!アムランが繰り広げる異次元のエンターテイメント!超絶のジャズ・スタイル作品集!
独自のスタイルを貫き、歴史に新たなページを刻んだ音楽家であるグルダ、カプースチン、ワイセンベルク、そしてアンタイル。この4人の巨星が「ジャズ」からインスピレーションを得て生み出した「ジャズ・スタイル」の作品を集めた衝撃のアルバム!
東京オペラシティで開催された2000年のリサイタルでアムランが圧倒的名演を残し、のちのカプースチン・ブームの火付け役となったカプースチンの「ピアノ・ソナタ第2番」。2005年の来日公演でアンコールとして演奏され、聴衆の度肝を抜いたアンタイルの「ジャズ・ソナタ」など、熱望されていたアムランの演奏によるレコーディングが遂に実現!また「ジャズ・スタイル」の作品を語る上で外せないワイセンベルクの「ジャズ・ソナタ」や、フランスを代表する往年のシャンソン歌手シャルル・トレネのヒット・ナンバーのアレンジ集。そして世紀の奇才グルダが遺した傑作「ピアノ・プレイ・ピアノ」や「前奏曲とフーガ」など、アムランの演奏を想像しただけで身震いをしてしまいそうな凄まじいプログラミングには驚嘆の一言。
(東京エムプラス)

ニコライ・カプースチン:ピアノ作品集

現代のヴィルトゥオーゾ・ピアニスト、アムランがカプースチンを弾く!
ロシアの作曲家ニコライ・カプースチンの超絶技巧の名曲“8つの演奏会用エチュード”収録!作曲者の自作自演盤でも守られていなかった早いテンポ指定を、その通りに、まるで何でもないかのように平然と演奏した名盤!

マルク=アンドレ・アムラン:短調による12の練習曲

カプースチンに続く傑作エチュード誕生!これぞアムラン節!と言える超絶テクニックをこんなにあっさりと難解に。即興のように弾きまくっています!

構想・作曲に約25年…アムラン念願の大作「短調による12の練習曲」。アルカンの難曲「短調による12の練習曲」をモチーフとして作曲された作品であり、その難易度は異次元。とりあえず圧倒され、聴き終わったときは感動さえ覚えるでしょう。だって凄すぎ![1]はショパンのエチュードOp.10-5を更に難曲に。[3]超絶技巧なリストの“ラ・カンパネラ”をピアニスティックに軽々と。音も増えてるし!圧巻。[4]はアルカンの2つの練習曲をモチーフにした聴きごたえのある曲。[8]おどろおどろしさの中から美しいメロディが浮かび上がる「魔王」。

シューマン:森の情景、子供の情景、ヤナーチェク:草かげの小径にて 第1集


[Hyperion Records 公式チャンネルより]

マルク・アンドレ=アムランのシューマンにヤナーチェク!幼くして亡くなった娘に捧げられ、複雑なリズムやスラヴの旋律を感傷的に綴ったヤナーチェクの「草かげの小径にて」。子ども生活を詩情豊かに描いたシューマンの傑作「子供の情景」、文学的・詩的な表現をロマンティックに掘り下げた「森の情景」を収録。

ライヴ・アット・ウィグモア・ホール

1994年、ウィグモア・ホールでの鮮烈な演奏。このプログラムを見ても分かる通り、あまりにも意欲的な選曲。もちろん目の覚めるばかりの超絶技巧!すでに“伝説”となった若きアムランの姿が想像できる1枚。なかでもアルカンは必聴!

オーンスタイン:ピアノ五重奏曲 Op.92&弦楽四重奏曲第2番 Op.99
マルク=アンドレ・アムラン(ピアノ)、パシフィカ弦楽四重奏団

あまりにも衝撃的な、"知られざるピアノ五重奏曲"。作曲家レオ・オーンスタインはクラスター奏法などを駆使した前衛音楽で知られる『未来派』の作曲家でした。今作に収録されている2曲は、より丸みを帯びた作品を書くようになった頃の傑作。イチオシは、心地よい不協和音と複雑なリズムの超絶難曲《ピアノ五重奏曲》! 現代最高のヴィルトゥオーゾ・ピアニスト、マルク=アンドレ・アムランによる"凄い"演奏。この曲の決定盤! "第3楽章"の狂気にも満ちた迫り来る音、超絶技巧、アムランの打楽器のような打鍵、後期ロマン派を彷彿とさせる魅惑的なメロディ・ライン…ゾクゾクするほどカッコイイ!

シャルル=ヴァランタン・アルカン:独奏ピアノのための協奏曲 Op.39, Nos.8-10(短調による12の練習曲集 Op.39より)、歌曲集第3集 Op.65

超絶!アムランがアルカンの「独奏ピアノのための協奏曲」を再録音!
アルカンの作品の中でも最大最強の難曲とされる「独奏ピアノのための協奏曲」にアムランが再び挑む!
ショパンやリストに匹敵するヴィルトゥオーソとして活躍し、歴史上で最も偉大なコンポーザー=ピアニストの1 人として位置づけられているロマン派のフランス人音楽家アルカン。このアルバムのメインである「独奏ピアノのための協奏曲」は「短調による12 の練習曲集」の8曲目から10曲目までの3 曲で構成されており、第1楽章だけで約30分。全曲でなんと約50分の演奏時間と超絶技巧を要する規格外のスケールを持った作品として知られています。
(東京エムプラス)

モーツァルト:ピアノ・ソナタ集(2枚組)


[Hyperion Records 公式チャンネルより]

アムランのウィーン古典派プログラム、モーツァルトのピアノ・ソナタ集!ピアノ・ソナタ第4番、第5番、第10番、第12番、第13番、第15番、第16番、第17番、ロンド ニ長調 K.485、ロンド イ短調 K.511、幻想曲ニ短調 K.397、ジーグ ト長調 K.574を2枚組に凝縮。

対象商品は、下記の「関連商品」をご参照ください。