こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

セール&キャンペーン

〈2018ベストセラーズ〉タワーレコードの年間チャートをジャンル別に大発表!

カテゴリ : キャンペーン

掲載: 2018年12月03日 12:00

2018 ベストセラー

タワーレコードは、本年度の年間チャート(邦楽アルバムTOP20、邦楽シングルTOP10、洋楽アルバムTOP20)を発表します。

邦楽アルバムでは、自身最後の作品となった映像の売上げにおいても音楽界に歴史的記録を残しながら、9月に惜しまれつつ引退した安室奈美恵の3枚組ベスト・アルバム「Finally」が、昨年に続いて堂々の1位を獲得しました。一方、邦楽シングルでは、発売前からヒットの呼び声が高かったKing & Princeのデビュー作品「シンデレラガール」が1位。また洋楽アルバムでは、今年2月に日本でロードショーされ、大きな話題を呼んだ映画のオリジナル・サウンドトラック「The Greatest Showman」が1位と、2018年を象徴するタイトルがそれぞれのジャンルでベストセラーズとなりました。

タワーレコードは、本年度の音楽シーンを盛り上げた2つの作品、安室奈美恵「Finally」と「The Greatest Showman」の1位獲得を記念し、2018年12月3日(月)~2019年1月14日(月)の期間、タワーレコード全店(TOWERmini含む)にて「2018 ベストセラーズ」のポスターを掲出します。

邦楽アルバム♪

昨年発表されたオールタイムベストアルバム、ラストツアーを収録した映像作品と、9月16日をもって引退した安室奈美恵さんの作品が並んで年間チャート1位を獲得。ベストアルバムに関しては昨年の年間チャートに続いて1位という快挙に。1992年のデビューから、数えきれないほどの感動を届けてくれた安室ちゃんが残した多くの名曲は、これからの世代にも長く受け継がれることでしょう。また、今年メジャーデビューを果たし、快進撃を続けているKing & Princeや、大ヒット曲「Lemon」を筆頭に勢いが止まらない米津玄師といった新世代、サザンオールスターズ、宇多田ヒカル、Mr.Childrenなど、長く日本の音楽シーンの先頭を走り続けているアーティスト達の話題作も多く発表され、2018年も話題が尽きることなく過ぎました。2019年がどんな音楽で溢れた1年になるのか、今から待ち遠しい!

【1位】安室奈美恵『Finally』

1992年のデビューから数えきれないほどの勇気や笑顔、感動と笑顔を私たちに届けてくれた安室ちゃんの、初期のフレッシュな楽曲から最新曲まで収録したオールタイムベスト。9月16日の引退日まで、安室ちゃんが歌って踊って輝いてくれたこの時代を一緒に駆け抜けることができてとっても幸せでした!これからも安室ちゃんが届けてくれた数々の名曲とともに歩んでいきます!ずっとずっとずっと、安室ちゃんは私たちのHeroです!

 

【2位】サザンオールスターズ『海のOh, Yeah!!』

1998年にリリースされた大ヒットアルバム「海のYeah!!」。あれから20年の時を経て少年から壮年となった彼らしか奏でることのできない、堂々の全32曲をCD2枚組で収録!

 

【3位】関ジャニ∞『GR8EST』

前ベスト盤「8EST」から約5年半ぶりに放たれたベストアルバム。7人体制の締めくくりとなる作品ですが、振り向かない、走り続けていく、という彼らの前向きな想いと揺るがない決意も感じられる一作。

 

【4位】Mr.Children『重力と呼吸』

実に3年4ヶ月ぶりとなったアルバム。≪今、鳴らしたい音、聴いてもらいたい音≫ を厳選した10曲は、バンドとしての生き様、新たなる覚悟を刻み込んだ一作!

 

【5位】宇多田ヒカル『初恋』

デビュー20周年に放たれた7枚目のオリジナルアルバム。ドラマ『花晴』イメージソング「初恋」を筆頭に、20周年を迎えた今も絶頂期であることを如実に物語る全12曲を収録!

 

【6位】WANIMA『Everybody!!』

「年齢・性別問わず、みんなに届けたい」という、≪みんなで一緒に盛り上がれるバンド≫を信念に持つ彼ららしい想いが詰まった、まさに「Everybody!!」なメジャー1stフルアルバム。

 

【7位】Hey! Say! JUMP『SENSE or LOVE』

6作目アルバムでは≪時代の節目≫を体現。様々なジャンルにまたがる色とりどりの楽曲たちを収録した本作は、10周年イヤーを経て、さらに飛躍する彼らの勢いを表現したかのような一作!

 

【8位】サカナクション『魚図鑑』

グループの歴史を紐解く待望のベストアルバム。「新宝島」、「ミュージック」、「夜の踊り子」といった代表曲を筆頭に、メンバーの厳選による全34曲を収録!

 

【9位】ジャニーズWEST『WESTival』

ジャズあり、スカあり、お得意のわちゃわちゃ系&ダンスチューンありの全10曲を収録。まさに、歌って踊って騒げる「WEST」+「Festival」=『WESTival』な一作に。

 

【10位】米津玄師『BOOTLEG』

音楽性・表現力が更に進化した4作目アルバム。DAOKOとコラボした映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌「打上花火」のセルフカバーなど全13曲を収録。

 

【11位】Perfume『Future Pop』

 

【12位】Sexy Zone『XYZ=repainting』

 

【13位】NEWS『EPCOTIA』

 

【14位】KAT-TUN『CAST』

 

【15位】MAN WITH A MISSION『Chasing the Horizon』

 

【16位】ENDRECHERI『HYBRID FUNK』

 

【17位】けやき坂46『走り出す瞬間』

 

【18位】THE ORAL CIGARETTES『Kisses and Kills』

 

【19位】UNISON SQUARE GARDEN『MODE MOOD MODE』

 

【20位】松任谷由実『ユーミンからの、恋のうた。』

 

洋楽アルバム♪

男性アーティストでは、今年グラミー賞6部門制覇したブルーノ・マーズやエド・シーラン、チャーリー・プースといった<シンガーソングライター>がチャートの上位を占めました。一方、女性アーティストでは、カミラ・カベロ、アリアナ・グランデ、テイラー・スウィフトといった、同性からの支持を集める<カリスマ>たちに注目が集まりました。<カリスマ>といえば、ポール・マッカートニー、ジューダス・プリーストといった<伝説>がニュー・アルバムで健在ぶりを示したことも印象的でした。 このようなバラエティに富んだアーティストを抑えて1位を獲得した『グレーテスト・ショーマン』と、11月劇場公開ながら10位にランクインした『ボヘミアン・ラプソディ』の映画サウンド・トラック2作品が多くの感動を呼び世界的に大ヒットしたことは、2018年を象徴する出来事でした。

【1位】『The Greatest Showman』Original Motion Picture Soundtrack

ヒュー・ジャックマン他豪華キャストが出演、映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞したジャスティン・ポール&ベンジ・パセックが楽曲を提供したことでも話題を呼んだミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』のオリジナル・サウンドトラック!第75回ゴールデン・グローブ賞で最優秀主題歌賞を受賞した「ディス・イズ・ミー」を筆頭に「ネヴァー・イナフ」「フロム・ナウ・オン 」他、映画の感動が蘇る名曲揃いの1枚!

 

【2位】Paul McCartney『Egypt Station』

ビートルズ、ウイングスを彷彿させるメロディーに現代的なサウンドをミックスした、古巣とも言えるキャピトル・レコーズへの移籍後第1弾となる5年振りのフル・アルバム!

 

【3位】Camila Cabello『Camila』

世界が恋する情熱のプリンセス!元フィフス・ハーモニーのカミラ・カベロの初フル・アルバム!ファレル・ウィリアムスらとの共作シングル「ハバナ 」が世界的に大ヒット!

 

【4位】Ed Sheeran『÷(Divide)』

4月の来日公演も最高だった天才シンガーソングライターの国際色豊かな幅広い楽曲、温もりあるメロディーに溢れた3作目!「シェイプ・オブ・ユー」を筆頭に名曲揃い!

 

【5位】Bruno Mars『24K・Magic』

80年代風のファンク・ナンバー「24K Magic」を筆頭に往年のサウンドを現代的にアップデイト!今年の第60回グラミー賞で主要含む6部門制覇のサード・アルバム!

 

【6位】Ariana Grande『Sweetener』

世界中に愛される実力派歌姫の4作目は、ファレル・ウィリアムス等のサポートのもと、多面的に愛を表現する、彼女だからこそ表現できる壮大な世界観を持った一枚!

 

【7位】Charlie Puth『Voicenotes』

新世代のシンガーソングライター/ポップ・スターの待望のセカンド・アルバムは、前作以上に磨きのかかったメロディーと色気を増したファルセット・ヴォイスに酔いしれる1枚!

 

【8位】Judas Priest『Firepower』

プロデューサーに超売れっ子のアンディ・スニープと80年代の盟友トム・アロムを起用し、ヘヴィ・メタルのクラシックとモダンを融合させたメタル・ゴッドの信念が漲る傑作!

 

【9位】The Beatles『The Beatles : White Album』

ビートルズ後期の傑作の50周年記念盤は、アルバム所収の30曲の新規ステレオ・ミックスは勿論、ジョージ・ハリスンの家で録音された27曲のアコースティック・デモが感動モノ!

 

【10位】Queen『Bohemian Rhapsody』

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のオリジナル・サウンドトラック!ロック史に残るバンド=クイーンの魅力を余すことなく伝える1枚!ライヴエイドの音源は何度聴いても感動的!

 

【11位】Fall Out Boy『Mania』

 

【12位】Arctic Monkeys『Tranquility Base Hotel & Casino』

 

【13位】Taylor Swift『Reputation』

 

【14位】Bruno Mars『Doo-Wops & Hooligans』

 

【15位】Guns N' Roses『Appetite For Destruction』

 

【16位】Tom Misch『Geography』

 

【17位】Zedd『STAY+』

 

【18位】Franz Ferdinand『Always Ascending』

 

【19位】Justin Timberlake『Man of the Woods』

 

【20位】Maroon 5『Red Pill Blues』