こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

セール&キャンペーン

私の「NieR音楽と関連の世界」(新宿店)

タグ : タワレコ名盤セレクション

掲載: 2020年07月27日 00:00

NieRシリーズとは2010年にリリースされた「NieR RepliCant」および「NieR Gestalt」から始まり2017年に発売された「NieR:Automata」では全世界で大ヒットしたゲーム作品。人の感情を分解してシナリオを構成するヨコオタロウ氏のシナリオは熱狂的なファンを生み、楽曲はゲーム音楽の新たな可能性を常に感じさせる内容となる!

レビュー担当者

新宿店/カネコ
新宿店の片隅でNieRシリーズを始め、ゲーム音楽をオススメしてます。好きなFFはFF11。日々プレイしているゲームはFF14です!

GAME MUSIC『NieR Orchestral Arrangement Album - Addendum』

オーケストラアレンジ第2弾とも言える本作は第1弾よりもより「NieR」らしさを重視しボーカルが入る曲の割合も高めな、どちらかと言うと原曲に近いオーケストラアレンジが施された楽曲を多数収録!第1弾のオーケストラアルバムには収録されていなかった楽曲で今回収録されている楽曲は③「深紅ノ敵」⑧「複製サレタ街」⑨「崩壊ノ虚妄」の3曲!個人的にグッときたのはやはり③「深紅ノ敵」。音が蝕むように少しづつ重なり、蝕みの臨界点に達した後からの怒涛っぷりはまさに原曲の骨太なサウンドを表現!⑤「カイネ」は本作用のアレンジでポロポロと流麗なピアノの音から始まり、瞳を閉じれば情景が浮かぶ、彼女が秘めた凛とする強さと優しさを感じれるアレンジに!


仕様一覧はこちら⇒

GEMS COMPANY『GEMS COMPANY』

YouTubeから始まった彼女たちの物語。日常配信からアイドルになっていく姿をファンと共に築いてきたカタチがこのCDに凝縮。GEMS COMPANYを象徴する楽曲「JAM GEM JUMP!!!」を筆頭にGEMS COMPANYの中から生まれた5ユニットの曲と、ヨコオタロウ氏原作の舞台『君死ニタマフ事ナカレ 零_改』のテーマソングに採用された水科葵の「鮮紅の花」収録(作曲・編曲はMONACAの岡部啓一氏!)その他の収録楽曲もNieRでお馴染みの我らがMONACAが担当なので音の良さは間違いなしな作品です!!


仕様一覧はこちら⇒

GAME MUSIC『NieR:Orchestra Concert 12018(BRD)』

ファンもキャストも製作陣も、全ての念願叶って行われたNieRシリーズ初のオーケストラコンサートの映像。一部では「NieR Gestalt/Replicant」二部では「NieR:Automata」からNieRを代表する曲達が当日演奏!特に演出を含めての「カイネ (Emi Evans Vocals)」は涙なしには観れない!公演で演奏された全21曲に加え、ナビゲーターの門脇舞さん(エミール)と石川由井さん(2B)による朗読『エミールの言葉』、『2Bの言葉』も完全収録。さらに、コンサート映像だけでなく当日スクリーン投影されていた映像のみをお楽しみいただける機能もありとNieRの世界にひったひたに浸れる内容です!


仕様一覧はこちら⇒

GAME MUSIC『NieR Gestalt & Replicant Orchestral Arrangement Album』

NieR Gestalt & Replicantのオーケストラアレンジアルバム!レプゲシュ待望のオーケストラアレンジ作品となった本作はオリジナルが持つ繊細な空気、寂莫と焦燥を巧みに表現。NieRと言えばこの曲が1曲目でしょう。①「夏ノ雪」で一気にこの作品が持つ世界観に引き込まれます。陰鬱で寂れた情景を思い浮かべるコーラス、途方もない絶望が楽曲から溢れ出てます。パイプオルガンの反復するフレーズが特に印象的な⑥「愚カシイ機械」はまさに命令を出した主が亡き後も愚直に動き続ける機械を表現しているよう。⑧「全テヲ破壊スル黒キ巨人」では一転、重厚なコーラスと圧巻のオーケストラサウンドで暴力的なオリジナルのサウンドを巧みに表現!


仕様一覧はこちら⇒

GAME MUSIC『NieR:Automata Orchestral Arrangement Album』

大ヒットを記録したNieR:Automataのオーケストラアレンジアルバムがこちら!NieR Gestalt & ReplicantのオーケストラアレンジCDと並べるとジャケットが繋がるおしゃれな仕様!②「遊園施設」ではオリジナル以上に誰もいない遊園地の中で来るはずのない「誰カ」を待つ華やかさと寂しさを孕んだ楽曲に仕上がってます!その流れで続く③「美シキ歌」の圧巻の愛憎漂うサウンドはこれぞオーケストラアレンジがなしえるスケール感!と柏手を打つほど!ラストを飾る⑩「Weight of the World」は全ての罪や罰が浄化されていくような流麗さと優しさが詰まったアレンジ、特にサビ部分のストリングスは鳥肌モノ!


仕様一覧はこちら⇒

GAME MUSIC『ニーア ゲシュタルト & レプリカント オリジナル・サウンドトラック(2CD)』

怪作を彩り狂気を孕む大名盤。「ニーアゲシュタルト&レプリカントOST」ゲームよりも先にサントラがリリースされたという異例の作品で、この音があるから今にも通じる原点的作品!儚さや寂莫の思いを感じさせる楽曲から「売買ノ街」の様に奥行きあるサウンドにアコギが乗っかる聴き心地の良い名曲もあり。「イニシエノウタ/虚ロナ夢」ではゆったりとしたパーカッションと美しいコーラスワークが聴き手を別世界に誘う。「カイネ/救済」ではエミ・エヴァンスさんの透き通る歌声と、哀切のメロディはゲーム史に残る大名曲。ゲームサントラ史を語るうえでも欠かすことのない大名盤がNieR音楽の原点。そして金字塔。


仕様一覧はこちら⇒

GAME MUSIC『NieR Music Concert Blu-ray ≪人形達ノ記憶≫(BRD)』

ゲームの大ヒットにより爆発的にユーザーが増え、待望されたNieR:Automataのコンサートでチケットは全公演全席ソールドアウトし、大好評のうちに幕を降ろした"NieR"シリーズのコンサート『人形達ノ記憶』。生演奏・生歌による至高のNieR音楽と公演中に流れたスクリーンの映像やゲームED後の世界を朗読劇で補完できる作品に。しかもこの朗読劇、当初配られていた台本内容から…その瞬間の会場の悲鳴と息を飲む音、空気感まで完全パッケージされてるので是非楽しんで欲しいところ!やっぱ声優さんたちの一声で物語に引き込む技量は本当にスゴイなっと感じれる贅沢な映像作品です!


仕様一覧はこちら⇒

GAME MUSIC『NieR:Automata Original Soundtrack(3CD)』

大ヒットゲームには大名盤がつきもの!リリースして3カ月でゲームサントラとしては異例のゴールドディスク認定(ダウンロード抜きで10万枚出荷)もされた作品!ゲームサントラの良いところでもあるジャンルレスに様々な音楽でNieR:Automataの世界を彩った珠玉の楽曲を収録!アンビエント〜クラブまで幅広い音楽ジャンルを踏襲しつつ、様式美もある作品。ゲシュタルト・レプリカントの楽曲をAutomata用にして収録しているところもおしゃれ!MONACA岡部啓一氏を筆頭に作り込まれた音の世界は没入できること間違いなし!個人的にオススメはDISC1の⑫「エミール/ショップ」ですね!cv.門脇舞さんの魅力が爆発してます…!


仕様一覧はこちら⇒

GAME MUSIC『NieR Music Concert & Talk Live Blu-ray ≪滅ビノシロ 再生ノクロ≫(BRD)』

2016年4月16日にEX THEATER ROPPONGIで開催されたNieRシリーズ初のコンサートで1曲目「夏ノ雪」の演奏終了後にはその圧巻の世界観に飲まれた観客が拍手できないという事態になった伝説のコンサート。ファンも制作陣も待望のコンサートとだけあり、一瞬たりともこの瞬間を逃すまいとする熱気も狂気も哀愁も増し増しな映像作品!「イニシエノウタ/運命」のコーラスワークには鳥肌が止まらないし、何よりも最初に向かい合って歌いあうエミさんと中川さんのエモさがたまらないです!!NieR音楽がディスプレイ、スピーカーから飛び出してきてくれた最初の作品。


仕様一覧はこちら⇒

GAME MUSIC『NieR Gestalt & Replicant NieR Tribute Album -echo-』

自信を持ってオススメしたいNieRトリビュートアルバム!参加しているアーティストがエレクトロニカ界隈からの参加も多くオシャレ過ぎる1枚に!「カイネ/救済~カイネ/逃避」を幻想的で哀切あるサウンドメイクをさせたら右に出るものはいないmatryoshka(マトリョーシカ)が担当!「エミール/犠牲」のAmetsubによる引き算の美学を感じるビートで仕上げられてます。アルバム最後の「夏ノ雪~全テヲ破壊スル黒キ巨人」はworld's end girlfriendによる爆音のカタルシスが心も耳も責め立ててくる内容に。この1枚はある種のエレクトロニカ入門編としても使えてしまうのでは?と思うほどに音楽的インテリジェンス溢れる作品!


仕様一覧はこちら⇒

「私の「NieR音楽と関連の世界」」一覧はこちら。

関連店舗