こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

セール&キャンペーン

日経日曜版「名作コンシェルジュ」に紹介!ブルーノ・ワルター&ウィーン・フィル・ライヴ1948-1956

カテゴリ : Classical

掲載: 2020年08月12日 00:00

ブルーノ・ワルター

2020年8月9日(日)日経日曜版「名作コンシェルジュ」に掲載
「甘やかな演奏に始まり 力強いリズムで颯爽と」(鈴木淳史氏評)

※ 2020年8月18日(火)再入荷予定
ソニーミュージックから日本独自企画でSACDハイブリッド盤3枚組として発売された「ブルーノ・ワルター&ウィーン・フィル・ライヴ1948-1956」が、2020年8月9日(日)の日本経済新聞日曜版の鈴木淳史氏による名物コラム「名作コンシェルジュ」に紹介されました。

鈴木氏は、このセットに含まれた音源が日本でのワルター人気の高さにより「1975年に日本独自の企画として初めて世に出た」ことを紹介。「音声はモノラルだし、テープも傷んでいたり、決してベストな音質ではない」が、「ウィーン・ムジークフェライン特有の生暖かい響きが聴き取れる」とし、ワルターとウィーン・フィルの演奏について、「モーツァルトの交響曲第40番は、最初の主題でヴァイオリンがにゅるりと音を滑らせる。いきなりの甘やかなポルタメント。居酒屋に入ったら突き出しで極上スイーツが出てきたような衝撃といっていい」と解説。「スイーツに始まった演奏だが、じつに力強いリズムに支えられて颯爽と進む。展開部では激しく声部同士がぶつかり合う」「ツンからデレまでといった流れがスムースで、その境目が目立たないばかりか、一続きに描いてみせる」と、ワルター&ウィーン・フィルならではの変幻自在の名演奏を称賛しています。
(タワーレコード 商品本部 板倉重雄)

関連商品

ワルター&ウィーン・フィルによる世界遺産級の名盤!
マーラー: 交響曲《大地の歌》、リュッケルト歌曲集から


ワルターと名歌手フェリアー&パツァークによる歴史に残る一期一会の記録。世界遺産級の名盤を、LP初出時のカップリングで遂に世界初SA-CD化!オリジナル・アナログ・マスターテープから本国で新規マスタリング

1952年5月録音のワルター&ウィーン・フィルによるDEECAレーベルの「大地の歌」を、英CLASSICサウンド社で新規に本国のアナログ・マスターテープからダイレクトDSD化を行い、最新のマスタリングを施しました。もはや唯一無二の歴史的な名盤として説明不要なほどの有名な音源ですが、これほどの有名盤でありながらモノラル録音ということもあってか、これまで一度もSA-CD化はされていませんでした。今回のSA-CD化により、マスターテープに残されていた情報を従来以上に高品位で聴くことができます。初出時のLPと同様にオリジナル通り、「大地の歌」の後に、「リュッケルトリーダー」から3曲をカップリングしました。フェリアーの含みと深みのある声質、独特の声が曲に即して爛熟と退廃の雰囲気を伝えるパツァーク、そして当時のウィーン・フィルの木質的でありながらも重厚な音色が混然一体となって迫ってくる様は圧巻です。緊張感のあるワルターの迫力に満ちた表現と、時に悲痛なまでの響きもまた心を打ちます。リリース以来、多くのリスナーの心を捉えてきた真の名盤が、ここに蘇りました。
(タワーレコード)