こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ディスクガイド(1)――パフォーマンスやヴィジュアルでヤラれて、音にもヤラれる

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2011年12月01日 16:45

更新: 2011年12月01日 16:45

ソース: bounce 338号(2011年11月25日発行)

文/加藤直子



何事もファースト・インパクトは大切。奇抜だったり謎めいていたり、被りものだったり——昨今は音楽と共に(むしろその前に)ヴィジュアルやコンセプトで相当な印象を与える面々の割合が多くなっている気がする。例えば、年齢も性別も国籍も超えた世界観の女王蜂、FACTの能面に続く(!?)狼ヘッドのMAN WITH A MISSION、相対性理論以降らしい匿名性を押し出したパスピエ、脅威の身体能力と豹柄パンツと虎がトレードマークのフロントマンがいる撃鉄——でも〈見せ方〉で目立ったとしても……それはやはり音もカッコイイからこそ注目されてるんですよ。



女王蜂



女王蜂_A



2010年〈フジロック〉の〈ROOKIE A GO-GO〉に出演した頃には、すでにネクスト・ブレイク候補として話題だった。神戸のバンドなので頻繁に都内でライヴを観ることができず、私がようやくこの目で確認できたのが昨年の大晦日のこと。まず、グラマラスでド派手な衣装とメイク(共に完全自主制作)に目を奪われた。そして圧倒的な音圧で押しまくる演奏と、キノコホテルにも通じる昭和歌謡テイスト(でも本人たちは昭和歌謡を知らない模様)のメロディー、裏声とデス声と地声を操るアヴちゃんのヴォーカル——とにかく異物感の塊、そしてとにかく格好良かった。ということで2011年はドンと行く!と確信したわけ。でもそれはただキワモノっぽいからだけではない。ラウド・チューンでのアタック力も魅力だが、何よりパワー・バラードにおける美しさと説得力が図抜けている。美輪明宏が歌う〈愛の賛歌〉のような、妖艶でありたまらなく胸に迫るあの感じ、そして誰をも、何をも否定しない包容力に満ちているのだ。これは多くの人の背中を押す力があると実感した次第。今年2枚の作品を発表し、“デスコ”は映画「モテキ」のメイン・テーマ曲になるなど滑り出しは順調。でも女王蜂の本質はもっと知られて然るべき!



▼女王蜂の作品を紹介。

左から、2011年のファースト・アルバム『魔女狩り』(女王レコード)、11月30日にリリースされるDVD「雀蜂」(女王レコード/ソニー)

インタビュー