こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

2011年に話題を呼んだ若手のホープはこちら!――(1)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2011年12月01日 16:45

更新: 2011年12月01日 16:45

ソース: bounce 338号(2011年11月25日発行)

ディスクガイド/岡村詩野、加藤直子、金子厚武、土田真弓



MAN WITH A MISSION 『MAN WITH A MISSION』 クラウン(2011)

能面バンドがいるかと思えば、次は狼頭男! 今年彗星のように現れて、一気に注目を集めた彼ら。ミクスチャー・ダンス・ロックとも言えるそのサウンドは、曲によってはK-Popの意匠を纏ったヘヴィー・ロックのようにも感じられたのは私だけでしょうか? *加藤

 

BO NINGEN 『BO NINGEN』 Stolen/Knew Noise(2011)

昨年UKのストールンから発表された初作が逆輸入され、2011年に日本デビューを飾った4人組。ファズとリヴァーヴを鬼のように効かせたギターと呪術的な歌メロが嵐の如く吹き荒れるサイケデリック世界は、ホラーズのファリス・バドワンのお墨付き。 *土田

 

宇宙人 『お部屋でミステリーサークル』 GYUUNE CASSETTE(2011)

ライヴは行っているが、メディア露出の際はイラストというその名の通り(!?)謎多きバンド。ちょっと歪だけど、可愛らしく、妙にクセになるポップソングの数々で中毒者を増やしている状況は、相対性理論の登場を思い出させる。 *金子

 

住所不定無職 『トーキョー・ポップンポール・スタンダードNo.1フロム・トーキョー!!!』 DECKREC(2011)

初期ビートルズやキンクスっぽさを残しつつも、昨今はAxSxEやヒダカトオルらのバックアップで馬力あるポップ・バンドへと成長。この新作にはイルリメも参加しているが、それさえも違和感のない柔軟さだ。 *岡村

 

パスピエ 『わたし開花したわ』 COCONOE(2011)

相対性理論以降、〈人が見えない〉バンドはいくつか登場したけど、なかでももっとも期待値を高めているのがこの5人組です。チャイナな薫りを漂わせた劇的にキャッチーでハイクォリティーなシンセ・ポップ。アニメ声の女子ヴォーカルもお似合い! *加藤

 

快速東京 『ミュージックステーション』 YOUTH(2011)

〈名は体を表す〉を地で行く4人組は、昨年の〈フジロック〉で〈ROOKIE A GO-GO〉に出演。あっという間に10曲ほど終了するポップなファストコアで魅了し、今年は初の正式音源を発表。PVならぬプロモーション漫画を制作するなど、発想もユーモラスだ。 *土田

 

フジロッ久(仮) 『コワレル』 I HATE SMOKE(2011)

〈ノリで付けたろ!〉というバンド名がインパクト大。結局〈(仮)〉付きでいまに至る。かつてツアーへ参加した銀杏BOYZに通じる衝動全開のパンク〜ハードコアを基本にした、歌謡曲風パーティー・チューンは実にハッピー。ぶっ壊れながらも、いまを生きる! *金子



インタビュー