こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

2011年に話題を呼んだ若手のホープはこちら!――(2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2011年12月01日 16:45

更新: 2011年12月01日 16:45

ソース: bounce 338号(2011年11月25日発行)

ディスクガイド/岡村詩野、加藤直子、金子厚武、土田真弓



THEラブ人間 『大人と子供(初夏のテーマ)』 FlyingStar(2011)

サニーデイ・サービスが闊歩していた90年代の下北沢をいまに蘇らせる5人組。ヴァイオリンも擁するフォーキーなサウンドに乗せて、ソングライターの金田康平が〈恋愛至上主義〉な青春を赤裸々に歌う。今年ついにメジャー・デビュー。 *土田

 

thai kick murph 『DELTAATTACK』 nuemann(2011)

〈TOKYO NEW WAVE〉勢とも交流の深い、鍵盤を含む男女混成ポップ・バンド。彼ら最大の売りは何と言ってもミヤオヨウのヴォーカルだろう。ソウル・ディーヴァを思わせるエモーショナルなその歌声は、バンドの個性を明確に決定付けている。 *金子

 

ALFRED BEACH SANDAL 『One Day Calypso』 鳥獣虫魚(2011)

MOXA DELTAのソングライターによるソロ・プロジェクトは、トクマルシューゴが賛辞を寄せた自主盤に続き、今夏は〈タワレコメン〉にもなった初作を発表。即興然とした歌とスティールパンを効かせた異国情緒溢れる音世界により、急激に知名度を上げた。 *土田

 

画家 『嬉しい音楽』 野外フェスティバル(2010)

人数が多いだけでなんか楽しい! 各国のジャンベ数種に法螺貝、三味線ほか手当たり次第とすら思える楽器群をフル活用した16人編成。DACHAMBO的な宇宙系トライバル・サイケや祭り系パーティー・チューンなど、みんな大好きな要素が詰まってる! *加藤

 

Heavenstamp 『WATERFALL -E.P. +REMIXES』 ワーナー(2011)

2008年の〈フジロック〉におけるマイブラのステージに感銘を受けたTomoya.Sを中心に結成。ディスコ・パンクとシューゲイザーを独自解釈した音楽性をラッセル・リサック(ブロック・パーティ)が絶賛。彼の助力を得て、今年は2枚のEPを発表した。 *土田

 

0.8秒と衝撃。 『1暴2暴3暴4暴5暴6暴、東洋のテクノ。』 EVOL(2011

モデルも務める美女と謎多きソングライターという、世界でもっともブチ切れた(!?)男女デュオ。A×C×のようなハードコア・パンクを軸にしつつ、テクノを採り入れたりメロディックだったり——その混合具合は手に負えないおもしろさだ。 *岡村

 

TADZIO 『TADZIO』 Pヴァイン(2011)

中原昌也やCOMBOPIANOもゾッコンという女性2人組。ギター/ヴォーカルとドラムス/ヴォーカルという最小編成で、DNAなどかつての〈No New York〉周辺を思わせる破壊力のあるスカムな演奏が魅力だ。なのにルックスはキュートという意外性がたまらない。 *岡村

インタビュー