こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

2011年に話題を呼んだ若手のホープはこちら!――(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2011年12月01日 16:45

更新: 2011年12月01日 16:45

ソース: bounce 338号(2011年11月25日発行)

ディスクガイド/岡村詩野、加藤直子、金子厚武、土田真弓



 

キドリキドリ 『El Primero』 Polka Dot(2011)

タワー発のオーディションで最終選考に残った彼らによる初の全国流通盤。ロックンロール・リヴァイヴァル前後のUK/USロックを軸とした鋭利なガレージ・サウンドと流暢な英詞で社会を斬る。サビメロで号泣の“You Will Realized”は超名曲。 *土田

 

THE WAYBARK 『THE WAYBARK』 GARURU(2011)

青森でフェス〈夏の魔物〉を主催する成田大致率いるロックンロール・バンドが今年、東京進出! THE HIGH-LOWSやミッシェル・ガン・エレファントからの影響を感じさせるストレートでダイナミックな演奏とパフォーマンス力で、旋風を巻き起こせるか? *金子

 

NOKIES! 『7songs EP』 FLAKE(2011)

大阪のレコード・ショップ、FLAKE RECORDSが送り出す初の日本人バンド。ガレージ、ポスト・パンク、トロピカル・ポップと、2000年代以降の海外インディー総まとめ!なサウンドが持ち味で、特にロス・キャンペシーノス!を思わせるチアフルな雰囲気が魅力的。 *金子

 

Czecho No Republic 『Maminka』 mini muff(2011)

元Veni Vidi Viciousの武井優心が始動した新バンドは、昨年タワー限定のミニ・アルバムでデビュー。The Mirraz のツアー・サポートを経て2011年は初のフル作を発表し、ブルックリン周辺のトロピカルなムードも纏ったカラフルなギター・ポップを披露した。 *土田

 

ヘンリーヘンリーズ 『ヘンリーズ革命、後の』 redrec(2011)

全員94年生まれというアン・ファン・テリブル(恐るべき子供たち)が登場。“ボブディランをぶっ飛ばせ”なんて曲で若気の至りを見せつつも、どこを切ってもストーンズや忌野清志郎へのリスペクト100%。無邪気なロックンロール讃歌が眩しい。 *岡村

 

LAGITAGIDA 『CaterpiRhythm』 New Audiogram(2011)

元マヒルノのメンバーを中心にした3人組。シンセも交えてプログレやハード・ロックなどを取り込んだハイエナジーなグルーヴを放出している。それはマーズ・ヴォルタをより硬質にした感じ、でも妙にキャッチーという点が多くの人の耳を捉えるのでは? *加藤

 

Mop of Head 『RETRONIX』 CONNECTION(2011)

制御不能のテンションで繰り出す精緻なダンス・ビートによって、今年の〈フジロック〉の前夜祭を熱狂させた4人組の初作。ディスコやトランス、ダブステップとガレージ〜ハード・ロックを豪快に掛け合わせ、人力で鳴らす手腕には新人離れした貫禄が。 *土田

インタビュー