こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

SALUが『In My Shoes』に辿り着くまで

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2012年02月29日 18:00

更新: 2012年02月29日 18:00

ソース: bounce 341号(2011年2月25日発行号)

文/狛犬

 

昨年末にミックステープ『Before I Signed』をフリー配信し、DJ ISSOのミックスCDにもエクスクルーシヴ曲“Swim In My Pool”を提供するなどセットアップは万全。あの菊地成孔が自身のラジオで〈いまいちばんスキルフルなMC〉として紹介するなど、尋常じゃなく前評判を高めているSALUだが、彼の名が界隈で知られるようになったのは、SEEDAがあるインタヴューでS.l.a.c.k.やQNらと共に期待株として名を挙げたことだった。直後に出たのがSCARSの“CASH & THE CASHER”(2010年)で、この変則的な曲をスムースに乗りこなしたSALUは、翌年そのままSEEDAの“黙る時代は終わり”にも招かれている。並行して、BACHLOGICとの縁からSIMONの“Change My Life”やJAY'EDの“ブレイブ・ハート”に客演し、MIKRIS“Umbrella”のフックもライティング。一方、同じ神奈川で繋がりも深いSDP周辺では、KYNのアルバムでも瑞々しい存在感を発揮し、DJ LIKESTのミックスCDにもエクスクルーシヴを提供した(SALUの映像周りはSDPのSITEが監督している)。さらにフリー音源でも〈JPRAP.COM〉企画の『The Se7en Deadly Sins』などの聴きモノは多数。『In My Shoes』を迎える前にチェックしてみてほしい。

 

▼文中に登場したアーティストの作品を紹介。

左から、DJ ISSOのミックスCD『Best Of Japanese Hip Hop Hits 2011』(Manhattan/LEXINGTON)、SCARSの2010年作『THE EP』(LEGENDARY inc.)、SEEDAの2011年作『瞬間 -IN THE MOMENT-』(EMI Music Japan)、JAY'EDの2011年作『Your Voice』(トイズファクトリー)、MIKRISの2011年作『M.A.D.2』(THE DOG HOUSE MUSIC)、KYNの2011年作『遺伝子異変』(諭吉/ファイル)、DJ LIKESTのミックスCD『AIR TIGHT SERVICE』(ATS)

 

インタビュー