こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ここ最近のBACHLOGICワークス――(1)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2012年02月29日 18:00

更新: 2012年02月29日 18:00

ソース: bounce 341号(2011年2月25日発行号)

ディスクガイド/出嶌孝次

 

ここ2年ほど、暮れになるとSKY-HI(AAAの日高光啓)がその年を代表する日本語ラップ曲のビートを使ったフリースタイル音源〈JACKIN' 4 BEATS〉を動画サイトにアップしているのだが、2010年は“I REP”と“ONCE AGAIN”のビートで幕を開け、2011年は“ZOO ROCK”だった。これだけでもBACHLOGICの界隈におけるヒット打率の高さは窺えるだろう。一方ではよりメインストリームのJ-Popにおいてもその需要は高まるばかりで、そんなポジショニングで活動している人はいそうで案外いない。カミーユ・ビダン(映画版のほう)ばりのニュータイプ風情を備えたSALUはそんなBLのスタンスに自然にハマるポテンシャルを感じさせるが、そういう意味ではポップであることへの衒いのなさと職人的なこだわりを自然に併せ持っていたBLもまた、クワトロ・バジーナ的なニュータイプなのではないかと思う。ONE YEAR WAR(一年戦争!)を標榜したレーベルはこの後も注目の展開を仕込んでいるようで、宇宙世紀2012以降の戦いにも注目である。

 

▼初期BACHLOGICの代表的な作品を紹介。

左から、DOBERMAN INCのベスト盤『THE BEST -TIME 4 SOME ACTION』(ビクター)、SEEDAの2006年作『花と雨』(KSR)

インタビュー