こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ここ最近のBACHLOGICワークス――(3)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2012年02月29日 18:00

更新: 2012年02月29日 18:00

ソース: bounce 341号(2011年2月25日発行号)

ディスクガイド/出嶌孝次

 

DJ HAZIME 『THE EXCLUSIVE JAPANESE HIP HOP HITS』 Manhattan/LEXINGTON(2010)

このミックスCD用のエクスクルーシヴとしてDABOとAnarchy、KREVAがマイクを回した“I REP”はこの年を代表するBLビーツとなった。シリーズ次作におけるRHYMESTERとPUSHIMの“そして誰もが歌い出す”も忘れがたいBL仕事だ。

 

NORIKIYO 『メランコリック現代』 諭吉/ファイル(2011)

フル・プロデュースした大作『OUTLET BLUES』に続くこの最新作でもBLは6曲を制作。定番のシンセが煌めく安定感抜群の作りながら、主役のエモーションを劇画的なスケールで演出する歯車の噛み合いっぷりは格別だ。テフロン歌唱の映える“秘密”や“自問自答”が最高。

 

EXILE 『願いの塔』 rhythm zone(2011)

DOBERMAN INCの“24karats”を契機として、BLとEXILE軍団の絡みはコンスタントに続いているが、シングルの表題曲を任されたのは本作収録の“Each Other's Way ~旅の途中~”が初めて。ロッキッシュなコード感のある定番のBLマナーは、SALUのアルバムで聴けるサウンドにも近い。

 

加藤ミリヤ 『M BEST』 ソニー

彼女とは処女作に収録された“ROSE”から関わってきたBL。このベストに収録されたなかでは、昨年の清水翔太とのポジティヴ・ヒット“BELIEVE”が聴いてすぐわかる彼のビート。三代目JSBから西野カナまで、いわゆるJ-Popのメインストリームにも彼のロジックはとっくに浸透済みなのだ。

 

SIMON 『TWICE BORN』 STREET OFFICIAL /NEW WORLD(2011)

この年を代表するバンガー“ZOO ROCK”など6曲をBLがプロデュース。“Freedom”に顕著な歌心を増強したMCとしての成長は、トラックのキャッチーさを経由して獲得されたものでもあるだろう。“Change My Life”ではSALUが超スムースなフロウで登場。

 

Zeebra 『BLACK WORLD/WHITE HEAT』 ARIOLA JAPAN(2011)

本人名義の曲では2006年の“The Three 16's”以来のBLジョイントとなったZeebra。黒盤ではAnarchyも交えた“Fighters Anthem”、白盤では“Venus In The Underground”という2曲で手合わせしているが、劇画的なループで勇壮に迫る前者がやはりカッコイイ。

 

Crystal Kay 『Superman』 ユニバーサル(2011)

黒木メイサやBENIのリミックスを手掛けるなど、昨今のBLは女性シンガーからのオファーも増えている。Crystalのレーベル移籍第1弾となったこのシングル表題曲では凝ったドラムスの抜き差しをポップに響かせる流石の腕前。次のシングル“デリシャスな金曜日”もBL仕事だ。

インタビュー