こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2012年02月29日 18:00

更新: 2012年02月29日 18:00

ソース: bounce 341号(2011年2月25日発行号)

文/轟ひろみ



新時代の旗手がいよいよ覚醒か!?

 

 

何とも形容しがたいPVの妖しいヤバさも話題を呼んだ“Suicide Bounce”によって期待をグングン高めている、SQUASH SQUADのニュー・アルバム『objet』がいよいよリリースされる。昨年はS.l.a.c.k.の“何もない日に”やHirOshima企画のチャリティー配信曲“空のむこう”(SALUも名を連ねている)などにグループで参加し、VITOがRAU DEFの、LOOTAがFUKKのアルバムにそれぞれ客演するなど、それなりの前フリはあったのだが、ここに至って演出されている圧倒的な登場感からは、いよいよ飛躍するタイミングが到来したことを窺わせる。

SQUAH SQUADは、VITOとLOOTAの2MCにプロデューサーのDineroを加えた東京~埼玉の3人組だ。結成は2005年で、ミックステープ発表などを経た後にGunsmith Productionのバックアップを受けてファースト・アルバム『THE SQUALL』をリリースしたのが2010年のこと。そこではUS志向の強いDineroのサウンドに、ターマノロジーやD・ブロックのメンバーといった海外勢の参加もあったが、今回は本場との時差を埋めるスタイルを引き続き追求しつつ、もはやそういう位置関係を気にする必要のない水準まで、自分たちのオリジナルなスタイルを引き上げてきているように思える。

今回もDineroが全体のトーンを調整しつつ、GunsmithのJIGGとFlammable、そしてドルネコマンションのElmoman Moncherie、さらには噂のLil'諭吉(Cherry Brown)などがトラックを提供。S.l.a.c.k.の手によるイントロに続いては、SEEDAが気合いを見せた“街灯奇譚詩曲”、SKY-HIとKENTZを迎えたフレッシュな“Welcome To Tomorrow”といった興味深い顔合わせの曲が並ぶ。コラボという意味では、前作に続いて参加のBRGKをはじめ、TAKUMA THE GREAT、AKLO、ISH-ONE、EGOというイキのいい面々の集う“G7/Joint Intervation”もハイライトだろう。

それでも最大の聴きどころは、スナップ調のDineroビートが不思議な残響を残す先述の“Suicide Bounce”に顕著な、MC2人のルードなパフォーマンスだ。この美学は本人たちが“ウィルス”で表明しているように、きっかけ次第ですぐに伝染していくことだろう。



▼関連盤を紹介。

左から、SQUASH SQUADの2010年作『THE SQUALL』(Brainstorm)、S.l.a.c.k.の2011年作『我時想う愛』(高田音楽制作事務所)、TAKUMA THE GREATの2011年作『TAKUMA THE GREAT』(forte)、YING YANGの2010年作『TOTAL ECLIPSE』(YING YANG)

インタビュー