こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

LOW HIGH WHO?って?

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2012年02月29日 18:00

更新: 2012年02月29日 18:00

ソース: bounce 341号(2011年2月25日発行号)

文/狛犬



2006年にプロダクションとして設立され、配信やCD-R作品も含めて興味深い作品を重ねている注目レーベルがLOW HIGH WHO?だ。必ずしもヒップホップとしての(いわゆる)オーソドキシーにこだわらないカラーは、大雑把に言ってしまえば術ノ穴にも通じるものだが、実際に環ROY×Fragmentのリミキシーズとなる配信作『Fighting!!』を制作していたり、主宰者であるParanelの別名義=COASARUがアルバム『別人格コアサル』を術ノ穴から出していたり、両者には直接的な繋がりもある。で、YAMANEの『アオソラ』(2010年)を出したあたりからは全国流通のCDリリースも本格化。昨年は惜しくも急逝した不可思議/wonderboyやEeMuのオリジナル作、そしてHAIIRO DE ROSSIや呂布らも迎えたコンピ『D.I.Y. -Harvest and Autumn-』を発表している。

そのペースは今年に入ってからも続いていくようで、このたび2タイトルが同時リリースされた。MINTとのコラボでも知られるJinmenusagiのファースト・アルバム『Self Ghost』は、アブストラクトな譜割で解体された言葉を自作のビートに載せた超ユニークで個性的な作品。そして、もう一枚はそのJinmenusagiやEeMu、Kuroyagiら所属アクトが一堂に会したCOASARUのセカンド・アルバム『分裂』だ。ノイジーな意匠やフリーキーな雰囲気は好みを分けるかもしれないが、アンダーグラウンドの闇を選ぶかのような気ままな作風には惹かれざるを得ないドープネスが確実にあるはず。一聴を薦めたい。



▼関連盤を紹介。

左から、Jinmenusagiのファースト・アルバム『Self Ghost』、COASARUのニュー・アルバム『分裂』(共にLOW HIGH WHO?)

インタビュー