こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

レーベル聴きのススメ!

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年10月30日 18:01

更新: 2013年10月30日 18:01

ソース: bounce 360号(2013年10月25日発行)

文/荒金良介



単体で見ても何から聴けばいいか……と言うならこちらのレーベルの作品から手に取ってみては? まずはスキンドレッドなど海外バンドを多くライセンス・リリースし、Crossfaithも経験を積んだZESTONE。海外志向を強く打ち出したエクストリームな音楽性を指向する面々に、エモ/ポップ・パンク系も抱えている。2003年の結成時からいち早くエレクトロニックの要素を採り入れたエモ〜スクリーモで、時にシンフォニックなサウンドも披露するNEW BREED、疾走感溢れる硬派なハードコアを武器に、シンガロング必至なフレーズもたっぷりなBEFORE MY LIFE FAILS、そして〈ポストCrossfaith〉とも言える豪快なメタルコアを鳴らす若手、KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRLに要注目だ!

また、FACTが所属していることでも知られるmaximum10も押さえておきたい。ヘヴィーな音像を軸に据えたサウンドながら、キャッチーなフックやメロディーを備えてポピュラリティーにも目配せした音作りをするバンドを多く輩出しており、ポスト・ハードコア的な荒々しさに同期を交えてリスナーの間口を広げるLOST(今年ZESTONEから移籍)、激情系ハードコアで男臭いコーラスワークがカッコイイwaterweedに加え、EDMのテイストをふんだんに採り入れたダンス・ミュージック色の濃い覆面デジタル・ロック・ユニット、sfprも聴いておくべきだろう。

とりあえずこの2つのレーベルからリリースされているものなら間違いないと思ってもらって構いません!



▼関連盤を紹介。
左から、NEW BREEDの2013年作『The PIONEERS of SENSATION』、BEFORE MY LIFE FAILSの2013年のミニ・アルバム『(FOR) LORN』(共にZESTONE)、waterweedの2013年作『CICADA』、sfprの2012年作『New World』(共にmaximum10)、KEEP YOUR HANDs OFF MY GIRLの2013年作『WAIT & SEE』(ZESTONE)、LOSTの2013年作『RECREATOR』(maximum10)

 

インタビュー