こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

聴かなきゃ損するV系まとめ

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年10月30日 18:01

更新: 2013年10月30日 18:01

ソース: bounce 360号(2013年10月25日発行)

文/加藤直子



V系はそもそもの成り立ちのせいか、ラウドなバンドというとメタル寄りのものがメインになってくる模様。それを踏まえて、ここではガイドで掲載したNOCTURNAL BLOODLUSTをはじめ、V系で聴いておきたい面々をまとめて紹介! 最初はヴォーカル・団長(白塗り)の圧が凄まじいNoGoD。重めでメタリックなサウンドながら、サビのメロディーなんかは非常にJ-Pop的で爽やか、さらに歌詞ではイイこと言ってる……という健全ぶり! 人柄の良さが滲み出た楽曲でマスへのアピール度はピカイチだろう。そしてリアル美男子のMEJIBRAYは獣声、奇声を織り交ぜたシャウトを中心に混沌とした音世界を構築。なかでも美しい旋律へのこだわりが感じられる。また、名門レーベル・DANGER CRUEの末っ子(現時点で)、D.I.D.はMEJIBRAYと同路線ながら、よりヘヴィーなサウンドを指向している印象。獰猛さと可憐さが背中合わせになった作りで、ハイトーン声がかなり特徴的だ。また、個人的に注目したいのは新進気鋭のグリーヴァ。ハードコア〜メタルを横断するスタイルで、細かいアレンジのセンスも良いし、唱歌のフレーズを引用したりなどチャレンジングな姿勢も見せている。彼らはきっとおもしろくなるはず! それにしても現行V勢はDIR EN GREYからの影響を窺わせるバンドが実に多い。ヴォーカルは特にそう。あの七変化ヴォイスがいかにエポックなものだったかをひしひしと感じますな……。



▼関連盤を紹介。
左から、NoGoDの2013年作『V』(キング)、11月6日にリリースされるMEJIBRAYのニュー・シングル“DECADANCE -Counting Goats…if I can't be yours-”(フォーラム)、D.I.D.の2013年のシングル“Paranoid Personality”(DANGER GRUE)、グリーヴァの2013年作『鬼ト影』(Ains)

インタビュー