こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

ディスクガイド――(1)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2013年10月30日 18:01

更新: 2013年10月30日 18:01

ソース: bounce 360号(2013年10月25日発行)

文/荒金良介、清水章雅、藤本拓郎、加藤直子



Fear, and Loathing in Las Vegas 『All That We Have Now』 バップ(2012)

2010年にデビューしてすぐにラウド界の若頭となった、近年稀に見るセンセーショナルな6人組。スクリーモ/メタルコアにトランスの要素を採り入れたスタイルは多くの後続を生むが、破壊的なシンセ・サウンド、オートチューンを駆使したヴォーカルとスクリームでフロアを揺らすパフォーマンスは一線を画する。*藤本

 

THREE LIGHTS DOWN KINGS 『BRAIN WASHING』 DISCO of LIGHTS(2013)

昨今はラスヴェガス旋風に溢れ返っておりますが、そんなムードを掻き消す勢いで迫っているのがこちら! エモーショナルなメロディーが溢れるポップ・パンクとスクリーモをミックスし、脳天を突き上げるエレクトロ・サウンドを注入! 12月にはメジャー・デビューも決定し、本格ブレイクも間近だ。*清水

 

MAN WITH A MISSION 『database feat. TAKUMA(10-FEET)』 ソニー(2013)

メタル、パンク、ハード・ロック、ヒップホップなどを縦横無尽にミックスした音楽性で、一気に武道館まで制覇した狼集団。TAKUMA(10-FEET)を迎え、ワブル・ベースやレイヴィーなシンセ、スクラッチも交えたパーティー・チューンでレーベル移籍を飾ったばかりだが、国民的バンドになる日も近いか!? *藤本

 

ASHLEY SCARED THE SKY 『THANATOPHOBIA』 ユニバーサル(2013)

結成からわずか3年で、国内外のスクリーモ/メタルコア・バンドが集まる〈SCREAM OUT FEST〉に出演するなど、目覚ましい活躍を見せている彼ら。メジャー・デビュー作となったこのEPではブルータルでカオティックなサウンドのなかでもキャッチーさが際立った作りで、これはぜひ世界で勝負してほしい! *清水

 

ARTEMA 『ARTEMA』 ワーナー(2013)

日本産らしいメロディーを乗せたエレクトロニコア……〈KIRA☆COREサウンド〉を掲げる5人組。チャラさ溢れる(失礼!)言葉に惑わされるかもしれないけど、音はガッチリ作られています。今年はメジャー進出を果たして、〈Ozzfest Japan〉のオープニングに抜擢されるなど、競争の激しいこの界隈でもKIRAっと光る活躍ぶり! *清水

 

Central 2nd Sick 『MIXING』 C2S(2013)

2012年結成というから本当に出来立てホヤホヤ。たった1年ほどの活動歴で発表したこのミニ・アルバムは、ドリルンベースが炸裂する冒頭曲からポップでド派手なトランスコアもとい〈パーティーコア〉の乱れ打ち! 良い意味での軽薄さはあれど演奏はかなり骨太なので男汁度は高めだ。“Final Fantasy”のドラムの手数がハンパない! *加藤

 

GNz-WORD 『Switching Win Back』 BEAST MAN BEATS(2013)

ハードコア〜ラップ・ロックと時代と共に音を進化させてきた彼らだが、Dragon AshのHIROKIがプロデュースした本作では、エレクトロやドラムンベースを盛り込んだサウンドを展開。スクリーム慣れした耳には、ラッパーとしても活動するKO-JI ZERO THREEの一味違うライミングを聴いてほしい。*藤本

インタビュー