こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

特集

RECYCLE――(2)

カテゴリ : スペシャル

掲載: 2014年01月08日 18:01

更新: 2014年01月08日 18:01

ソース: bounce 362号(2013年12月25日発行)

ディスクガイド/北野 創、桑原シロー、澤田大輔、土田真弓、山西絵美



BOB MARLEY AND THE WAILERS 『Legend Remixed』 Tuff Gong/Island

ロニ・サイズやZ・トリップ以上に、実息たちによる大胆な調理法(スクリレックス級にレイヴィー!)が痛快だった一枚。ウェイラーズの来日もありがたかったけど、こういう形で語り継ぐ伝説もいいね! *山西

 

orange pekoe 『Tribute to Elis Regina』 Playwright

没後30年ということでエリス・レジーナ関連の作品が続々とお目見えした2013年。なかでも、彼女の愛唱歌を取り上げたオレペコによるこのトリビュート盤は、アッパーな演奏の数々で鮮烈な印象を残してくれた。*桑原

 

『yellow loveless -JAPAN-』 High Fader

折しも新作を出したマイブラの『Loveless』カヴァー集。韓国勢の〈青盤〉に続くこの〈黄盤〉では、THE SODOM PROJECTや成田忍、NARASAKIやBorisなど日本のゴス〜ニューウェイヴ、オルタナ界の強烈な個性がその我流を貫いた。*土田

 

キノコホテル 『マリアンヌの逆襲』 YAMAHA

新メンバーを加えて新装開店した彼女たちの本作は、数あるカヴァー盤のなかでもアクの強さはチャンピオン級だった。「ゴジラ対ヘドラ」の主題歌やアーント・サリーの曲が仲良く同居しているなんて、パンクとしか言いようがない。*桑原

 

かせきさいだぁ 『かせきさいだぁのアニソング!!バケイション!』 AWDR/LR2

ここのところシティー・ポップづいている彼が、その路線でアニメソングのカヴァー集に挑戦。結果、ポップス愛に裏付けられた名曲オマージュも含めて時流を掴んだ内容に! 懐メロに留まらない選曲も流石。*北野

 

Rie fu 『Rie fu sings the Carpenters』 Rie fu

NAOTO(OGANGE RANGE)とのderofamiliaの最新作に続いたのは、自身のルーツであるカーペンターズのカヴァー集。カレンと重なる美しいアルト・ヴォイスの持ち主だけに、満を持してと言いたい好企画盤だった。*土田

 

木村カエラ 『ROCK』 ELA/ビクター

岡村靖幸や石野卓球、CSSらを楽曲ごとに迎えて洋楽ナンバーに挑んだ、自主レーベル第1弾のコラボ・カヴァー集。さまざまなスタイルの曲、コラボ相手との組み合わせの妙がユニークで、今後のカエラ嬢の行く先を占うような一枚に。*澤田

 

二階堂和美 『ジブリと私とかぐや姫』 YAMAHA

高畑勲監督の最新作「かぐや姫の物語」の主題歌となった“いのちの物語”は、ジブリ映画屈指の名曲となった。そして彼女にしか作り得ない個性的なジブリ・カヴァーや趣深いオリジナルが並ぶ本作も、心に沁みるものばかりで……。*桑原

インタビュー