こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ジャズ界のアーティスト達がビッグ・バンド・ジャズでディズニーの名曲をカヴァー

掲載: 2016年10月20日 16:30

Jazz Loves Disney

世界中の誰もが一度は夢中になったであろう、ディズニー・ソングの名曲を、ジャズ界のトップ・アーティスト達がビッグ・バンド・ジャズのアレンジでカヴァーしたアルバムが完成。

この『ジャズ・ラヴズ・ディズニー』プロジェクトは、ノラ・ジョーンズのファースト・アルバム『ノラ・ジョーンズ(原題Come Away With Me)』やセカンド・アルバム『フィールズ・ライク・ホーム』などをはじめ、様々なアーティストのヒット・アルバムを手がけてきたエンジニアのジェイ・ニューランドがプロデュースをし、名アレンジャー、キーボーディストのロブ・マウンジーのディレクションとアレンジのもと、ジェイミー・カラム、グレゴリー・ポーター、ステイシー・ケントなど、ジャズ・シーンをリードするトップ・アーティスト達がパリ、ロンドン、ロサンゼルスでレコーディングした、素晴らしいディズニー・ソングの名曲のカヴァーを収録。

ウォルト・ディズニーはジャズを愛し、彼の創りだすキャラクターたちの冒険にマッチする音楽はには再三の注意を払い作っていたそう。ウォルト・ディズニーの音楽チームが制作した楽曲達は、“ピノキオ”のジミニー・クリケット、“ジャングル・ブック”のバルー、ティンカーベルや“トイ・ストーリー”のウッディのようなユニークなキャラクターたちに命を吹き込んだのだ。いくつかの楽曲は、アカデミー賞にノミネートされ、受賞歴も数多くある。

またジャズ界やポップス界のスター達がこぞってこれらの楽曲をカヴァーし、数々の賞も受賞していることから、その楽曲のクオリティを証明している。全ての参加アーティストが、ディズニーの魔法の世界を表現する最も美しく、象徴的な楽曲を同じようにリスペクトし、想い出の楽曲とのつながりを大切に思い制作されたプロジェクトであり、ディズニーが何代にも渡ってジャズ・ミュージシャンに多大なる影響を与えてきたことが証明されたアルバムになっている。

【収録内容】
01. みんなネコになりたいのさ / ジェイミー・カラム ★「おしゃれキャット」より / Everybody Wants To Be A Cat
02. 彼がトランプさ / メロディ・ガルドー ★「わんわん物語」より / He's A Tramp
03. ビビディ・バビディ・ブー(フレンチ・ヴァージョン) / ステイシー・ケント ★「シンデレラ」より / Bibbidi-Bobbidi-Boo
04. 星に願いを / グレゴリー・ポーター ★「ピノキオ」より / When You Wish Upon A Star
05. あんた、どうしてまっとうになれないの / チャイナ・モーゼス ★「ロジャー・ラビット」より / Why Don't You Do Right?
06. 君のようになりたい / ラファエル・グアラッツィ ★「ジャングル・ブック」より / I Wanna Be Like You
07. 夢はひそかに / ロブ・マウンジー・オーケストラ ★「シンデレラ」より / A Dream Is A Wish Your Heart Makes
08. 君はともだち / ヒュー・コルトマン ★「トイ・ストーリー」より / You've Got A Friend In Me
09. レット・イット・ゴー / アンヌ・シラ ★「アナと雪の女王」より / Let It Go
10. ザ・ベアー・ネセシティ / メロディ・ガルドー&ラファエル・グアラッツィ ★「ジャングル・ブック」より / The Bare Necessities
11. いつか夢で / ライカ ★「眠れる森の美女」より / Once Upon A Dream
12. いつか王子様が / ニッキー・ヤノフスキー ★「白雪姫」より / Un Jour, Mon Prince Viendra
13. 困った時には口笛を / ステイシー・ケント ※ボーナス・トラック ★「ピノキオ」より / Give A Little Whistle

※日本盤ボーナス・トラック収録