こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

キアラ・パンカルディ(Chiara Pancaldi)、ニュー・アルバム『What Is There To Say』

掲載: 2017年09月06日 10:13

Chiara Pancaldi

イタリアの歌姫、キアラ・パンカルディのサード・アルバムがオランダのChallenge Recordsから登場!ボローニャに生まれ、クラシック、ジャズからブラジル音楽、インド古典音楽まで、多種の音楽を学んだキアラ・パンカルディ。「ジャズオーディオ・ディスク大賞2015」では、見事"ヴォーカル部門金賞"を受賞し、その美貌と魅惑の歌声を知らしめました。

最新アルバムの「What Is There To Say」は、カーク・ライトシー(p)、ダリル・ホール(b)と共演したアコースティックなドラムレス・トリオ。今作ではインプロヴィゼーションやインタープレイの要素がぐっと深まり、ライヴ・レコーディングさながらの臨場感で、ジャジーな歌心たっぷりにスタンダードを歌います。

Chiara Pancaldi(vo), Kirk Lightsey(p), Darryl Hall(b) - Special Guest: Jeremy Pelt(tp / tr.4), Laurent Maur(harmonica / tr.6)

録音:2017年3月28日、Studio de Meudon(パリ、フランス)

解説:寺島靖国(書きおろし)、キアラ・パンカルディ(日本語訳:生塩昭彦)

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.