こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

PFM、5年振りとなる待望の新作『Emotional Tattoos』

掲載: 2017年09月13日 10:00

更新: 2017年09月21日 13:30

PFM

イタリアン・ロック史上、もっとも偉大なる足跡を残したPFM、5年振りとなる待望の新作は英語版とイタリア語版の2枚組!

60年代後半、ビート・グループ“クエッリ”として結成。その後1970年、“プレミアータ・フォルネリア・マルコーニ”と名前をかえて、71年にシングル「九月の情景」でデビュー。72年にリリースした2ndアルバム『友よ』がEL&Pのグレッグ・レイクから絶賛されたことを機に、この2ndセカンド・アルバムをベースにした全編英語詞による3rdアルバム『幻の映像』をEL&Pのレーベル、マンティコアからリリースし、世界デビューを果たす。以来、世界的な人気を獲得し数々のヒット・アルバムをリリースしながら80年後半まで活動を続け、97年に再結成。日本でも根強い人気を誇り、2002年に75年以来27年振りの来日公演が実現。その後、2006年、2011年(プログレッシヴ・ロック・フェス)、2014年(40周年記念)と来日公演を行い、現在も精力的に活動を続けている。

今作は2012年に発売したヨーロッパの一流クラシック作曲家たちに捧げたアルバム『イン・クラシック ~モーツアルトからの祭典』以来、約5年振りのリリースとなる。実験的な前作から一転、今作は原点回帰ともいえる、まさにPFMサウンドを展開。オーケストラ的なアレンジ、ギターのストレートなパッセージ、哀愁の満ちたシンセサイザー。メロディアスなプログレッシヴ・ロックの真髄を聴かせるファン待望の新作だ。英語とイタリア語の両バージョンを収録。2018年1月に約3年半振りの来日公演も決定している。

【来日公演決定】
2018年1月9日、10日 ビルボードライブ東京
2018年1月11日 ビルボードライブ大阪

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.