こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

最後の来日公演を前にエリシュカ&札響のブラームス/交響曲全集が完結~交響曲第1番ライヴ!

カテゴリ : ニューリリース 

掲載: 2017年10月06日 00:00

エリシュカ

ありがとうエリシュカ!
感涙のブラームス完結篇!

数々の名演を聴かせてきた札幌交響楽団と名誉指揮者ラドミル・エリシュカ。2017年3月にはブラームスの交響曲全曲演奏プロジェクトを完結させました。最後に取り上げられたのは第1番。その特別な演奏会を収録したアルバムが発売されます。残念ではありますが、エリシュカは健康上の理由により2017年10月の札響の定期演奏会を最後の来日公演とする、という発表がなされています。しかしここに収められているのは若々しいエネルギーに満ち溢れた圧倒的な名演。新鮮で透明、清冽なメンデルスゾーンとシューベルトを聴かせたのち、メインのブラームスではほとばしるような情熱と格調の高さを兼ね備えた、スケールの大きな巨匠然とした音楽を構築してくれます。偉大なマエストロに感謝の意を込めつつ、じっくりと味わいたい感動的なディスクです。
エリシュカ/札響のブラームス・プロジェクト、他の番号はそれぞれALT-304(第3番)、ALT-319(第2番)、ALT-330(第4番)で発売されており、いずれも大変高い評価を得ています。
(キング・インターナショナル)

【曲目】
[CD1]
メンデルスゾーン:序曲『フィンガルの洞窟』(ヘブリディーズ)Op.26
シューベルト:交響曲第5番 変ロ長調 D.485
[CD2]
ブラームス:交響曲第1番 ハ短調 Op.68

【演奏】
札幌交響楽団
ラドミル・エリシュカ(指揮)

【録音】
2017年3月10・11日/札幌コンサートホールKitara(ライヴ)

エリシュカ

ラドミル・エリシュカ(1931-)
チェコのブルノ音楽大学にて、ヤナーチェクの高弟ブジェチスラフ・バカラに師事。1969~90年までチェコの名門オーケストラ、カルロヴィ・ヴァリ交響楽団の首席指揮者兼音楽監督を務める。チェコ・フィルやプラハ交響楽団等にも頻繁に客演していたが、活動がチェコ国内中心であったために、日本では最近までその名を知られていなかった。2006年に札幌交響楽団定期演奏会に初登壇し伝説となる名演を披露、2008年に同楽団初の首席客演指揮者に就任した。札響とのライヴ収録CDは高い評価を得ている。そのほかN響、東京都響、東京フィル、大阪フィル、九州響等とも共演し、「遅れてきた巨匠」として熱い注目を集めている。2001~2013年6月までチェコ・ドヴォルザーク協会会長を務めた。2015年より札幌交響楽団名誉指揮者。


2017年11月8日発売
エリシュカ&札響のチャイコフスキー後期三大交響曲シリーズ完結!
交響曲第5番ライヴ!!

常に高い評価を受けてきたラドミル・エリシュカ&札幌交響楽団によるライヴCDは、ドヴォルザークの後期交響曲についでチャイコフスキーの後期3大交響曲シリーズを6番、4番とリリースされてきた。このシリーズも、交響曲第5番で完結。

【曲目】
チャイコフスキー:交響曲第5番ホ短調 Op.64
ドヴォルザーク:スケルツォ・カプリチオーソ Op.66
スメタナ:交響詩“ワレンシュタインの陣営" Op.14

【演奏】
札幌交響楽団
ラドミル・エリシュカ(指揮)

【録音】
2016年10月、ライヴ

ページの先頭へ

TOWER RECORDS ONLINEに掲載されているすべてのコンテンツ(記事、画像、音声データ等)はタワーレコード株式会社の承諾なしに無断転載することはできません。
情報の一部はRovi Corporation.、japan music data、(株)音楽出版社より提供されています。
タワーレコード株式会社 東京都公安委員会 古物商許可 第302191605310号

Tower Records Japan Inc.