こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

注目アイテム詳細

日本先行発売!パーヴォ・ヤルヴィ&フランクフルト放送響のブルックナー:交響曲第1番(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2018年05月08日 00:00

パーヴォ・ヤルヴィ

豪胆かつドラマティック。遅咲きの作曲家が「交響曲第1番」と名付けた自信作。

パーヴォ・ヤルヴィとフランクフルト放送響とのブルックナー・チクルス第7弾は、ブルックナー44歳の時に完成された交響曲第1番ハ短調。パーヴォは晩年の改訂稿(ウィーン稿)ではなく「リンツ稿」と呼ばれる第1稿で演奏しています。

39歳の時最初の交響曲(ヘ短調)を書いたブルックナーはその出来に満足せず、41歳から1年以上をかけてこの第1番を書き上げました。作曲順としては2番目の交響曲でしたが、番号を付けたのはこれが初めてで、ブルックナーの自信のほどが窺えます。作曲者自身「生意気娘」とあだ名したように、行進曲風の第1楽章から躍動感に満ちた活力あふれる豪胆な響きが特徴です。金管の喨々とした響きは宇宙の鳴動を思わせ、後年のブルックナーの作風を先取りしているかのようです。充実した作風はブルックナー指揮者としての試金石でもあり、パーヴォが隅々まで精緻な目配りを施した解釈は、ブルックナー演奏史に新たなスタンダートを打ち立てるものといえましょう。
2018年5月来日時には、5/18・19の2度のN響定期で演奏予定です。
(ソニーミュージック)
【曲目】
ブルックナー:交響曲第1番 ハ短調 WAB.101(1868年リンツ稿)
【演奏】
パーヴォ・ヤルヴィ(指揮)
フランクフルト放送交響楽団
【録音】
2013年2月、フランクフルト、アルテ・オーパー
ライヴ・レコーディング(DSDマスタリング)

naiveレーベルから発売のパーヴォ・ヤルヴィ&フランクフルト放送響のライヴ録音(2タイトル)の特集ページはこちら>>>