こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

シカゴ(CHICAGO)、初期大傑作アルバム『CHICAGO II(シカゴと23の誓い)』を再現する最新ライヴ作品

掲載: 2018年06月13日 10:05

更新: 2018年06月13日 15:00

CHICAGO

数々の名曲が、最新ライヴ・パフォーマンスの迫力と共に再び世界を魅了する…!累計アルバム・セールスは1億2千万枚を超え、今なお精力的な活動で世界中のオーディエンスを魅了し続ける伝説のブラス・ロック・バンド、シカゴ(CHICAGO)。彼らの初期大傑作アルバム『CHICAGO II(シカゴと23の誓い)』を再現する最新ライヴ作品がCD+DVD仕様で登場!

音源のみのCDとライヴ映像をDVDに収録したCD+DVDの2形態がリリース。8月には、このSOUNDSTAGEライヴ(CD+DVD盤)と、スティーヴン・ウィルソンがリミックスを手掛けた『CHICAGO II』のCDとLPをバンドルしたコレクターズ・エディションの発売も予定。2017年に結成50周年を迎え、ロックの殿堂入りも果たした真の伝説的ブラス・ロック・バンド、シカゴ。今まで発表してきた作品の全世界での累計アルバム・セールスは実に1億2千万枚を超え、今なお精力的な活動を行ないながら世界各地のファンを魅了し続ける彼ら。4月にファン感涙の未発表ライヴ・コレクション作品『CHICAGO: VI DECADES LIVE (THIS IS WHAT WE DO)』をリリースしたばかりの彼らから、最新ライヴ・アルバムが届けられた!

今回発売となる作品は、アルバム・タイトルにもある通り、米人気TV番組「SOUNDSTAGE」シリーズのために昨年2017年にバンド結成の地でありバンド名にも使用されているシカゴにある歴史的なスタジオ、WTTW-TVスタジオにて行われたスタジオ・ライヴを収録した、彼らの最新ライヴ音源だ。しかもそこで披露されたのは、彼が1970年に発表し、数々の名曲を収録した初期の大傑作アルバム『CHICAGO II(シカゴと22の誓い)』の再現ライヴ。70年代にライヴで披露していた以降生で聴く事が出来なかった楽曲も含む、このクラシック・アルバムに収録されている楽曲を全曲披露するという、ファンにとってはたまらない内容となっている。

この特別な夜を収録したライヴ作品『CHICAGO II: LIVE ON SOUNDSTAGE』は、音源のみを収録したCDと、「SOUNDSTAGE」で実際に放映されたライヴ映像をDVDに収録したCD+DVDという2形態でのリリースとなる。8月には、このSOUNDSTAGEライヴ(CD+DVD盤)と、スティーヴン・ウィルソンがリミックスを手掛けた『CHICAGO II』のCDとLPをバンドルしたコレクターズ・エディションの発売も予定されている。この『CHICAGO II: LIVE ON SOUNDSTAGE』では、観客を前にエネルギーに満ちた熱いパフォーマンスが繰り広げられており、1970年の傑作『CHICAGO II』の変わる事ない人気の高さを強く印象付ける作品だ。バンドは現在行われているツアーでも『CHICAGO II』を再現するパートと、彼らのグレイテスト・ヒッツ・セットリストからなるパートを組み合わせた演目を披露しており、6月から行われるREO SPEED WAGONとの全米ツアーでも、同様のセットリストで全米をサーキットすることが決まっている。

1970年にリリースされたセカンド・アルバム『CHICAGO II』は、全米チャート最高位4位、全英チャートでも6位を記録、“25 Or 6 To 4(長い夜)”や“Make Me Smile(ぼくらに微笑みを)”、“Colour My World(ぼくらの世界をバラ色に”といったTop10シングルを含むバンド最大のヒット曲を多数収録した、バンドにとってもブレイクするきっかけとなった作品だ。グラミー賞へのノミネート「Album of the Year、Contemporary Vocal Group、Best Album Coverの三部門」を果たし、ダブル・プラチナム・ディスクにも認定されたこのアルバムには、他にも長編楽曲を複数収録している事でもしられている。トロンボーン奏者ジェームス・パンコウによる“Ballet For A Girl In Buchannon(バレエ・フォー・ア・ガール・イン・バキャノン)」、ギタリストのテリー・キャスとコンポーザー、ピーター・マッツによる“Memories Of Love(愛の記憶)”、そしてキーボーディスト/ヴォーカリスト、ロバート・ラムによる“It Better End Soon(栄光への旅路)”という3曲の組曲的楽曲が収録されている。ちなみに、ロバート・ラムとジェームス・パンコウは、後にソングライターズ・ホール・オブ・フェイム(ソングライターの殿堂)入りを果たしている。

シカゴ、5枚組未発表ライヴ・コレクション『VI DECADES LIVE (THIS IS WHAT WE DO)』>>>