こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Los Lobos(ロス・ロボス)がお届けするラテン風味のクリスマス・アルバム『Llego Navidad』

掲載: 2019年09月17日 08:32

Los Lobos(ロス・ロボス)クリスマス・アルバム『Llego Navidad』

イーストLA出身のロック・バンド、ロス・ロボス。彼らだからこそ創り上げることができる、ロックにブルース、テハーノやメキシカン、さらにはカントリーまで”アメリカン・ミュージック”のあらゆる音が一つになったサウンドで、アメリカン・ロック・シーンに独自のポジションを確立している彼らは、アメリカン・ロックの重鎮として絶大な人気を集めている。

その彼らがホリデイ・アルバムをリリース!アルバムのタイトルは、スペイン語で”クリスマスがやってきた(Christmas Is Here)"を意味する『LLEGO NAVIDAD』。本作をリリースするにあたり北米、中米、南米のすべてを含むアメリカ大陸に伝わるクリスマスをテーマにした楽曲を集め、150もの候補から、自分たちのスタイルで演奏したいと思ったものを絞り込んでいったという。そこに自分たち自身による書き下ろしホリデイ・ナンバー「Christmas And You」も加えて、アルバムは完成したのだった。

『LLEGO NAVIDAD』の幕開けを飾るのは、「La Rama (The Branch)」。この活き活きとしたナンバーは、メキシコのベラクルス州の伝統民族音楽であるソン・ハローチョ(san jarocho)のスタイルに則ったナンバー。またタイトルの「La Rama」は、家族がクリスマス・ツリー風に飾り付けた枝を掲げながら、近所を時には演奏しながら行列してまわる、メキシコの伝統的なクリスマス行事からとられているという。

アルバムの9曲目に収録されている「La Murga」は、元々1971年に伝説的サルサ・デュオ、ウィリー・コロン&エクトル・ラボーがレコーディングしたもの。タイトルの「La Murga」は、南米でクリスマスと同じぐらい大事なホリデイ・シーズンであるカーニヴァルの時期に行われるミュージカルを意味しているが、この曲のスピリットは、クリスマスにも通じていると言えるだろう。

さらにロス・ロボスは1958年の陽気でポップなノヴェルティ・ソング「Donde Esta Santa Claus (Where Is Santa Claus)」を、デイヴィッド・イダルゴのギターとスティーブ・バーリンのヴィヴラフォンが小粋なグルーヴを作り出す”ローライダー・オルディーズ”風にアレンジしている他、ボレロ・ランチャ・スタイルの創始者でもあるメキシコのスーパースター、ハビエル・ソリスが有名にしたナンバー「Regalo De Reyes(Gift Of Kings)」では、セサル・ロサスが素晴らしいリード・ヴォーカルを聞かせている。そしてメキシコをルーツにもつメンバーらしく、ホセ・フェリシアーノの「Feliz Navidad」も彼らならではの演奏で披露している。

本作に収録されているロス・ロボスのオリジナル・クリスマス・ソング「Christmas And You」はバンドのデイヴィッド・イダルゴとルイ・ペレスが作詞・作曲を手掛けたもの。イダルゴのソウルフルなヴォーカルに、バーリンによるピアノとオムニコードとロサスのギター、そしてコンラッド・ロサーノのアップライト・ベースが織り上げる温かみのあるサウンドは、きっと未来のクリスマス・スタンダードになるであろう1曲だ。

実はとても賑やかで華やか、そしてイベントでは必ず音楽とダンスが陽気に盛り上げる、ラテンのクリスマス。楽しく心温まるホリデイ・シーズンにぴったりの1枚が到着した!

 

【収録曲】
01. La Rama
02. Reluciente Sol
03. It's Christmas Time In Texas
04. Amarga Navidad
05. Arbolito De Navidad
06. ?Donde Esta Santa Claus?
07. Llego Navidad
08. Las Mananitas
09. La Murga
10. Christmas And You
11. Regalo De Reyes
12. Feliz Navidad

Los Lobos(ロス・ロボス)