こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Chick Corea(チック・コリア)|伝説のピアニストがモーツァルトからモンクまで偉大な作曲家の系譜を探求したソロ・ライヴ作品を発表|国内盤オンライン限定予約ポイント10%還元

タグ : ポイントキャンペーン

掲載: 2020年06月10日 14:22

更新: 2020年07月07日 13:00

TOWER RECORDS ONLINE限定!
2020年8月27日 23:59まで国内盤ポイント10%還元!

Chick Corea(チック・コリア)

伝説のピアニスト、チック・コリアがモーツァルトからモンク、ジョビンからスティーヴィー・ワンダー、そして自身のオリジナルまで、偉大な作曲家の系譜を探求したソロ・ライヴ作品をMQA-CD×UHQ-CDにてリリース。

取り上げているのは、モーツァルト、スカルラッティ、スクリャービン、ショパンなど、300年の音楽史に名を残すクラシックのレパートリー、さらにビル・エヴァンス、セロニアス・モンク、アントニオ・カルロス・ジョビン、グレート・アメリカン・ソングブック、スティーヴァ―・ワンダー、そして自身のオリジナルやインプロヴィゼーションまで。「ソロ・ピアノは孤独だ」とチック・コリアは言うが、本作では、ソロ演奏でありながらも音楽の歴史を代表するお気に入りの作曲家たちと共演しているようなヨーロッパやアメリカのコンサート・ホールでの熱狂的に聴衆を魅了した2018年のライヴ演奏を収録。

演奏だけでなくコリアの語りも収録した本作では、温かくウィットに富んだ観客との対話や、コリアがお気に入りの作曲家たちの曲をペアリングすることで、モーツァルトから現在までのスタイル、ジャンル、時代の架け橋となる意外な共通点を明らかにしていることも興味深い作品。

本人曰く、「私はある種の血統の一部なのです。私がやっていることは、モンクがやったこと、ビル・エヴァンスやデューク・エリントンがやったことと似ていて、また別の音楽の時代に戻って、バッハやモーツァルト、ベートーヴェンがやったことと似ています。これらのピアニストは皆、心の底から作曲家であり、自分たちの音楽家を集めて演奏していました。その伝統の一部であることを誇りに思います」

 

 

リターン・トゥ・フォーエヴァー、1973年の貴重ライヴ音源『Jazz Workshop, Boston, Ma, May 15,1973』>>>>

祝〈ECM〉50周年~昭和の名盤25/平成の名盤25UHQ-CD化>>>>