こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

The Beach Boys(ビーチ・ボーイズ)|世紀の名盤『ペットサウンズ』の制作過程に迫る膨大な4枚組セッション音源集

タグ : ロック復刻&発掘

掲載: 2020年07月28日 11:24

The Beach Boys(ビーチボーイズ)

ロック史に残るビーチボーイズの傑作『ペットサウンズ』のレコーディング蔵出し音源の第1集!

1966年に発表された『ペットサウンズ』は、ギターやベースにホーン、キーボードといった楽器に加えて自転車のベルなど、ロックンロールの枠にとどまらず、ブライアン・ウィルソンの頭の中で鳴り続けていた音を、ロック・ミュージックとして具現化し、ビートルズの『サージェントペパーズ』に直接的な影響を与えたとされる名盤だ。CD4枚組のボリュームは、まだVol.1ということで、今後リリースされるVol.2と合わせても、膨大なセッションであることが分かる。

DISC-1では、膨大なセッションの中からのダイジェスト版として、ビギナーにも分かりやすいように、ボーカル入りの公式テイクに近い別バージョンを、アルバムの曲順通りに収録している。すなわち「アナザーサイド・オブ・ペットサウンズ」の趣である。聴きなれたアルバムの中から、耳慣れぬ音や歌、フレーズに気がつかれたなら、それはもうブライアン・ウィルソンの心のドアに手を伸ばしたも同然である。あとはめくるめく音場の世界が貴方を待っている。

DISC-2からが本当のコンプリート・セッションである。現在確認できる資料から、極力録音日順に収録されている。未発表となった「Trombone Dixie」など、レッキング・クルーとの録音のやりとり。ブライアンがコンソールから的確な指示を出し、テイクを繰り返すうちに、見る見る完成に近づいていく様子を音として聴くことができる。ビートルズの『ラバーソウル』が発売され、ブライアンは本格的に『ペットサウンズ』に着手する。その手始めが1月22日録音の「Wouldn't It Be Nice」だ。ブライアンいわく「ポケットの中のシンフォニー」を実現すべく、21回のテイクを繰り返してバッキングが完成する。

DISC-3には、「You Still Believe In Me」と、最重要曲「Caroline, No」のセッションが収録。ハル・ブレインによるコカコーラの空き缶を叩いた有名なイントロは、テイク17で初めて形をなす。

DISC-4には「I Know There's An Answer」のセッションが。聴きものは、マイク・ラブやアル・ジャーディンへの、もはやイジメ?と思えるほどの鬼のボーカル指導だ。その様子が記録されたディスク4の7~9曲目の約27分間は、一生かかっても修得できないほどの音楽的サムシングのヒントが詰まっている。

★4CDそれぞれが紙ジャケ仕様スリップケース入り
★当時の状況、エピソード、曲目などの日本語解説書付
★日本著作権協会JASRAC許諾商品
★Getty Images Japanのライセンス写真使用ジャケ



[DISC-1]
Pet Souds Alternates
Wouldn't It Be Nice (2nd vocal overdub)
You Still Believe In Me (2nd vocal overdub)
That's Not Me (harmony vocal overdub)
Don't Talk (Put Your Head On My Shoulder) (string overdub)
I'm Waiting For The Day (3rd vocal insert)
Let's Go Away For A While (take18/master take)
Sloop John B (1st vocal overdub)
God Only Knows (alternate mono mix)
I Know There's An Answer (vocal overdub)
Here Today (vocal overdub by the band)
I Just Wasn't Made For These Times (vocal stereo mix)
Pet Sounds (2nd mono mix)
Caroline No (vocal overdub)
Bonus track
Trombone Dixie (takes 11)
Good Vibrations (Take 28 2nd verse overdub Brian)
Good Vibrations (Take 28 chorus overdub Brian)
Wonderful K.O.M.A Radio Spot take1-take6
Caroline, No; Radio Spot #1-#10

[DISC-2]
Nov 1st, 1965 / session #1
Trombone Dixie (takes 1-6)
Trombone Dixie (take 7-8)
Trombone Dixie (takes 9)
Nov 17th, 1965 / session #2
before session chat
Pet Sounds (takes1-2)
Pet Sounds (take 3/master take)
Pet Sounds (1st instrumental insert)
Pet Sounds (2nd instrumental insert)
Pet Sounds (1st Mono Mix)
Jan 22nd, 1966 / session #3
Wouldn't It Be Nice (takes 1-6)
Wouldn't It Be Nice (take 7)
Wouldn't It Be Nice (take 8)
Wouldn't It Be Nice (takes 9-10)
Wouldn't It Be Nice (take 11)
Wouldn't It Be Nice (takes 12-15)
Wouldn't It Be Nice (take 16)
Wouldn't It Be Nice (takes 17-20)
Wouldn't It Be Nice (take21/master take)
Wouldn't It Be Nice (1st vocal overdub)
Wouldn't It Be Nice (3rd vocal overdub)
Wouldn't It Be Nice (alternate vocal mix 1)
Wouldn't It Be Nice (alternate vocal mix 2)
Wouldn't It Be Nice (alternate vocal mix 3)
Wouldn't It Be Nice (alternate vocal mix 4)

[DISC-3]
Jan 24th, 1966 / session #4
You Still Believe In Me (rehearsal by Brian)
You Still Believe In Me (take 7)
You Still Believe In Me (take 8)
You Still Believe In Me (takes 9-22)
You Still Believe In Me (take23/master take)
You Still Believe In Me (intro rehearsals)
You Still Believe In Me (1st vocal overdub)
Jan 31st, 1966 / session #5
Caroline, No (takes 1-2)
Caroline, No (take 3)
The Wrecking Crew Chat
Caroline, No (takes 4-5)
Caroline, No (takes 6-16)
Caroline No (take 17/master take)
Caroline, No (instrumental insert)

[DISC-4]
Feb 9th, 1966 / session #6
Hang On To Your Ego (take 1)
Hang On To Your Ego (take 2)
Hang On To Your Ego (take12/ master take)
Hang On To Your Ego (mono mix)
Hang On To Your Ego (mono mix alternate version)
Hang On To Your Ego (vocal overdub by Brian)
I Know There's An Answer (vocal insert attempts by Mike)
I Know There's An Answer (1st vocal insert attempts by Al)
I Know There's An Answer (2nd vocal insert attempts by Al)
I Know There's An Answer (vocal insert attempts 1)
I Know There's An Answer (vocal insert attempts 2)
I Know There's An Answer (vocal overdub 1)
I Know There's An Answer (vocal overdub 2)
Row Row Row Your Boat (Brian & The Honeys)

ブライアン・ウィルソン、ヴァン・ダイク・パークス|二人の天才が邂逅したロック史に残る傑作『ORANGE CRATE ART』発売25周年記念盤>>>>