こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ラトル&ロンドン響のラフマニノフ:交響曲第2番 2019年9月ライヴ(SACDハイブリッド)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : 高音質(クラシック) SACDハイブリッド(クラシック)

掲載: 2021年01月19日 00:00

サイモン・ラトル

ラトル&LSOの「今」の音楽が凝縮
両者も思いが作品上にあふれ出る名演
ラフマニノフの交響曲第2番

2019年9月に収録されたラトル&ロンドン交響楽団によるラフマニノフの交響曲第2番がリリースされます。ラトルは2017年からロンドン交響楽団の音楽監督に就任、先日2023年までその任期を3年延長したことが発表され、両者の相性の良さと信頼度の高さはますます広く認められることになりました。(同時に2023年からバイエルン放送交響楽団の首席指揮者に就任することが決まり大きな話題に。)

ラトルのラフマニノフ交響曲第2番といえばまだ20代のラトルとロス・フィルの録音(1984年)があります。当時はそれほど多くの指揮者が取り上げる作品ではありませんでしたが、若き指揮者の未来を予見させるには十分の見事な演奏でした。一方ロンドン響は、前首席指揮者ゲルギエフとの演奏(2008年)や、ラフマニノフのスペシャリストとも言われるアンドレ・プレヴィン(1973年)との録音、などがあり、この作品に特別な思いがある両者の演奏に期待が高まります。

ピアノ曲そのままに、ラフマニノフが思いのたけを込めた甘美なメロディが聴く人の心を強く締めつける第2交響曲。ラトルとロンドン響の今の音楽があふれ出る、どの旧盤とも異なるうったえかけるような弦の響きが印象的な名演です。
(キングインターナショナル)

ラフマニノフ:交響曲第2番ホ短調Op.27(完全版)
サー・サイモン・ラトル(指揮)
ロンドン交響楽団
録音:2019年9月、バービカン・ホール(ライヴ)

輸入SACD

LSO0851(SACD Hybrid)
Stereo/Multi-ch 58'50

 

輸入盤:国内流通仕様SACD

KKC6338(SACD Hybrid)
輸入盤・日本語帯・解説付