こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

ドイツの名門カールスルーエ音楽大学設立50周年を記念した現代音楽BOXが登場!『カールスルーエ音楽大学の50年』(3枚組)

カテゴリ : ニューリリース | タグ : ボックスセット(クラシック)

掲載: 2021年03月03日 00:00

カールスルーエ音楽大学の50年

1812年から機能していた民間の教育機関を、1971年に正式な州立音楽大学として認可。現在6つの学科プログラムと3つの研究機関を持つドイツの名門「カールスルーエ音楽大学」。

この大学の初代学長を務めたオイゲン・ヴェルナー・ヴェルテは優れた教育者であるとともに作曲家でもありました。教育プログラムは、クラシック音楽の器楽(鍵盤楽器、管楽器、打楽器、弦楽器)、声楽、オペラ、音楽理論、作曲、指揮など多岐にわたり、ここで学ぶ学生たちは、型にはまった教育を受けるのではなく、自主的な研究と自由な創作に励むことができます。

また1990年には現代音楽、コンピュータ音楽に重点を置くために「InMM=Institut fur neue Musik und Medien」という研究機関が設置され、作曲家ヴォルフガング・リームが所長を務めています。

このアルバムではヴェルテとリームの作品に加え、イェルク・ヴィトマンやレベッカ・ソーンダースら「InMM」の卒業生たちの作品を収録。現代音楽の方向性と理想が示された作品群を楽しめます。
(ナクソス・ジャパン)

『カールスルーエ音楽大学の50年』

【収録内容】
[CD1]
オイゲン・ヴェルナー・ヴェルテ(1923-1984):
1-4. 4つのピアノ小品(1956)
5-7. ソプラノとピアノのための3つの歌曲(1957)
8-11. 4つのピアノ小品(1960)
12-14. ヴァイオリンとピアノのためのソナタ(1963)
15-18. 4つの小品 - クラリネット、チェロとピアノのために(1964)
19-21. 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ(1970)
22. ノットゥルノ - 弦楽四重奏のための(1974)
23-25. Drei Zwiegesprache zwischen 3つの会話の間に - チェロとピアノのために(1974/75)
26. 即興曲 - 独奏ピアノのために(1981)27. スタディ I - 2台ピアノのために(1983)

[CD2]
ヴォルフガング・リーム(1952-):
1. Grat グラート(1970)
2. Deploration 嘆き(1973)
3. Sine nomine シネ・ノミネ(1985)
4. In nuce イン・ヌーチェ(1994)
5. Der Einsamste 最も孤独な(2001)
6. Ich kenn´ ein wunderschones Kind 私は美しい子供を知っている(2001)
7. An meine Schwester 我が姉妹(2001)
8-10. Drei Vorspiele zu einer Insel 島への3つの前奏曲(2003)
11-12. Zwei kleine Schwingungen 2つの小さい振動(2004/2005)
13-15. Ophelia Sings オフィーリアが歌う(2012)
16. Rembrandts Ochse, plotzlich im Louvre レンブラントの牛、突然ルーブル美術館で(2014)

[CD3]
1-3. ヴォルフガング・リーム(1952-):協奏曲 - ピアノと8つの楽器のために(1969)
4. ヨアヒム・クレープス(1952-2013):デュオ - 2台ピアノのために(1987)
5. イェルク・ヴィトマン(1973-):幻想曲 - 独奏クラリネットのために(1993)
6. マルクス・ヘフトル(1967-):Blinder Fleck 盲点(2005)
7. レベッカ・ソーンダース(1967-):Shadow シャドウ(2013)
8. カスリン・A・デンナー(1986-):Faltung 折りたたみ - 大オーケストラのために(2015)
9. マルトン・イレシュ(1975-):Psychogramm II サイコグラムII 「Rettegös」(Ängstelnd) (2015)
10. ヴィト・ジュライ(1979-):La femme 100 têtes 百頭女(2016)

【演奏】
ゾントラウト・シュパイデル(ピアノ)
サラ・パヴロヴィチ(ピアノ)
ワン・ユエ(ソプラノ)
ヨーゼフ・リッシン(ヴァイオリン)
オルガ・リッシン=モレノヴァ(ピアノ)
マルティン・オステルターク(チェロ)
ローラン・ブロイニンガー(ヴァイオリン)
ベネディクト・クレックナー(チェロ)
ラインホルト・フリードリヒ(トランペット)
フランク・デュプレー(ピアノ)
ユリウス・キルヒャー(オーボエ)
クララ・シューマン弦楽四重奏団
ローランド・クルティヒ(指揮)
ザールブリュッケン・カイザースラウテルン・ドイツ放送フィルハーモニー管弦楽団、他

【録音】
2020年 カールスルーエ音楽大学、ヴォルフガンク・リーム・フォーラム(ドイツ)
(CD3:8のみ2015年 ザールブリュッケン放送)