こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

The Orb(ジ・オーブ)|2020年3月にリリースされたアルバムのリミックス・アルバム『Abolition Of The Royal Familia: Guillotine Mixes』が完成

タグ : クラブ/テクノ

掲載: 2021年04月06日 16:41

The Orb(ジ・オーブ)『Abolition Of The Royal Familia: Guillotine Mixes』

エレクトロニックの巨人、ジ・オーブ。2020年3月にリリースされたアルバムのリミックス・アルバム『アボリション・オブ・ザ・ロイヤル・ファミリア~ギロチン・ミキシーズ』が完成。

2021年4月9日、The Orbは2020年3月にリリースされた17枚目のアルバム『Abolition of The Royal Familia』のコンパニオン作『Abolition Of The Royal Familia - Guillotine Mixes』をリリースする。この作品には『Aubrey Mixes: The Ultraworld Excursions』(『Adventures Beyond the Ultraworld』にフィーチャーされた人達によるリミックス・アルバム)のコンセプトが反映されており、『Abolition of The Royal Familia』にも参加したYouth、Moody Boys、David Harrow、Andy Falconer、Paul Metamono、Gaudiといった馴染みのメンバーによるリミックスを収録。アシッド・ハウス、バレアリック・ビート、テクノ等、ダンス・ミュージックへの広範な旅が提供されている。

輸入盤:国内流通仕様 CD


輸入盤CD


輸入盤LP


【収録曲】
1. Daze - David Harrow Remix (BLM Remix23)
2. Queen of Hearts - Moody Boy Remix (Duck or Drown)
3. Ital Orb - Gaudi Remix (Iron Chair)
4. Narcotics – David Harrow Remix 2 (Head Crusher)
5. Slave Til U Die - Andy Falconer Remix (Water Boarding)
6. Hawk Kings - Lost Stoned Pandas Remix (Pear of Anguish)
7. Honey Moonies – Paul Metamono Remix (Burnt at The Stake)
8. Weekend - Dom Beken & Kris Needs Remix (The Judas Triangle)
9. Pervitin - Violeta Vicci Remix (The Saw Torture)
10. AAA - Violeta Vicci Remix (Hung, Drawn and Quartered)
11. Shape Shifting Pt. 1 - Youth Bring In The Clown Remix

The Orb(ジ・オーブ)

The Orb(ジ・オーブ)

The Orbは1988年にKilling JokeのローディーであったAlex PatersonとThe KLFのJimmy Cautyにより、ロンドンで結成された。1990年にはJimmy Cautyが脱退。以降はAlex Patersonを中心に活動が行われ、アンビエント・ハウスやプログレッシヴ・ハウスを確立したエレクトロニック・ミュージック・グループとして、今尚、絶大な人気を誇っている。1991年にデビュー・アルバム『The Orb's Adventures Beyond the Ultraworld』をBig Lifeよりリリース。翌1992年のセカンド・アルバム『U.F.Orb』はUKチャートの1位を獲得する。その後、グループはIslandへ移籍。1993年のライヴ・アルバム『Live 93』、1994年のミニ・アルバム『Pomme Fritz』を経て、『Orbus Terrarum』(1995年)、『Orblivion』(1996年)、『Cydonia』(2001年)とアルバムをリリース。2004年にはCooking Vinylより『Bicycles & Tricycles』、2005年にはKompaktより『Okie Dokie It's the Orb on Kompakt』、2008年にはLiquid Sound Designより『The Dream』、2009年にはMalicious Damageより『Baghdad Batteries (Orbsessions Volume III)』とレーベルを変えながらアルバムをリリース。2010年にはPink FloydのDavid Gilmourをフィーチャーしたアルバム『Metallic Spheres』をColumbiaよりリリースし、UKチャートの12位記録した。その後、Cooking Vinylより『The Orbserver in the Star House』(2012年)、『More Tales from the Orbservatory』(2013年)と2枚のアルバムをリリース。この2枚ではLee "Scratch" Perryがフィーチャーされた。2015年には10年振りにKompaktよりアルバム『Moonbuilding 2703 AD』をリリース。翌2016年には『COW / Chill Out, World!』、2018年には『No Sounds Are Out Of Bounds』、2020年には『Abolition of the Royal Familia』をCooking Vinylよりリリースした。