こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

『ジョージ・セル -音楽の生涯-』膨大な一次資料と関係者の生証言に基づく破格の評伝が初翻訳!

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年05月30日 18:00

ジョージ・セル

世界最高のアンサンブルを打ち立てた大指揮者ジョージ・セルの生涯
知られざる天才少年時代からクリーヴランドでの栄光まで、膨大な一次資料と関係者の生証言に基づく破格の評伝が初翻訳!
(板倉重雄)

世界最高レベルまでに引き上げたセル=クリーブランド
管弦楽団のコンビネーションは伝説となった。

ピアノ、作曲と幼い頃からモーツアルトの再来といわれ、十代でリヒャルト・シュトラウスの推薦によりベルリン国立歌劇場という最高の舞台で音楽の階段をのぼりはじめる。完璧なアンサンブルで最高峰のオーケストラ芸術をきわめた巨匠の生涯を描く初の伝記。「セルは、世界のもっとも偉大なオーケストラしか持ちえないような音の成分の上にオーケストラを堅固に作り上げた。訓練の隅々まで行き届いたお互いのすばやい呼応によって音楽性がアンサンブル全体に浸透し、あらゆるパートで雄々しく輝かしい音が放たれる。まさしくクラッシックのオーケストラとしての技術とバランスの神髄である。……セルの権威、経験、趣味に匹敵する貴重な指揮者は今日ほとんどいない」(ワシントン・ポスト紙の音楽批評家、ポール・ヒュームの発言)

セルの「英雄」の演奏に関してカーダスはこう書いた。「トスカニーニ以来、私はこのあらゆる交響曲の中でも最も偉大な作品が、かくもドラマチックな光に照らされ、かくもしっかりとした包括的なビジョンの下に探求し解き明かされたのを聴いたことがない」。

ヘイワースは以下のような比較をした。「まじめに考えて、七十歳のジョージ・セルは、……中央ヨーロッパのあの偉大な世代の最後の生き残りであり、カラヤン・アンド・カンパニーは、そのすべての業績をもっても太刀打ちできない……」(本文より)
(鳥影社)

伊藤氏貴 (いとう うじたか)
1968年生まれ。文藝評論家。明治大学文学部教授。
麻布中学校・高等学校卒業後、早稲田大学第一文学部を経て、日本大学大学院藝術学研究科修了。博士(藝術学)。
2002年に「他者の在処」で群像新人文学賞(評論部門)受賞。
著書に、『告白の文学』(鳥影社)、『奇跡の教室』(小学館)、『美の日本』(明治大学出版会)、『同性愛文学の系譜』(勉誠出版)など、
訳書に、『塹壕の四週間 あるヴァイオリニストの従軍記』がある。

マイケル・チャーリー (Michael Charry)
1933年ニューヨーク生まれ。米国内外で広く活動する指揮者。クリーヴランド管弦楽団にジョージ・セルのもと9年間、そしてセルの死後も2年間、指揮者として在籍。ニューヨークのマネス音楽大学の教員であり、オーケストラ・スタディーの責任者、マネス・オーケストラの音楽監督を務めていた。