こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

Dry Cleaning(ドライ・クリーニング)|ロンドンを拠点に活動する大注目の新世代バンドが最新アルバム『Stumpwork』をリリース

タグ : UK/US INDIE アナログレコード

掲載: 2022年06月15日 12:38

Dry Cleaning(ドライ・クリーニング)

ロンドンを拠点に活動するバンド、ドライ・クリーニングが、10月21日にセカンド・アルバム『Stumpwork』を発売することを発表した。デビュー・アルバム『New Long Leg』は、全英アルバム・チャートで4位を獲得、2021年のベスト・アルバムの一つとしても選定され高い評価を得ている。(The New York Times、Pitchfork、SPIN、The Atlantic、The Ringerが、その年のトップ10アルバムに選出)ここ日本でも音楽専門誌からファション誌まで幅広いメディアに取り上げられ、絶賛された。

先行公開された「Don't Press Me」は、ゲームをする快感と、強烈だが短命な、罪悪感のない体験の楽しさについて歌っている。ヴォーカルのフローレンス・ショウは、次のように語っている。「コーラスの言葉は、自分の脳みそに向かって歌う曲を書こうとして生まれたの。『あなたはいつも私と敵対している/あなたはいつも私にストレスを与えている』ってね。」アニメーションによるオフィシャル・ビデオは、ピーター・ミラードが手がけたもので、ナイーブに描かれたバンドの姿が、曲のフックとリフに完璧にマッチしている。

アルバム『Stumpwork』は、2021年末にウェールズの田園地帯に戻り、再びジョン・パリッシュとエンジニアのジョー・ジョーンズとタッグを組み製作された。同じスタジオで、同じチームと信頼関係を築いたことで、インポスター症候群(*自分の能力や実績を認められない状態)と不安感は、自由へと変換され、すでに豊かだった彼らの音のパレットをさらに探求し、自分たちのクリエイティブなビジョンにさらなる自信をつけることができた。新作は様々な出来事や概念、政治的混乱からインスピレーションを受けている。今回もシュールな歌詞が前面に押し出されているが、家族や、金、政治、自虐、官能といったテーマに対する感受性も新作では高まっている。作品全体に渡り、激しいオルタナ・ロックのアンセムがジャングル・ポップやアンビエント・ノイズと融合し、バンドが受けてきた影響の豊かさと彼らの音楽に対する深い造詣として表れている。

アルバムとシングルのアートワークは、他分野で活躍するアーティスト・デュオであるロッティングディーン・バザール(Rottingdean Bazaar)と写真家のアニー・コリンジ(Annie Collinge)によって考案・制作された。本作の日本盤CDには解説および歌詞対訳が封入され、ボーナス・トラックを追加収録される。

国内盤CD


輸入盤CD


輸入盤LP<White Vinyl>


輸入盤LP<数量限定盤/Eco Black Vinyl>


■収録曲
01.Anna Calls From The Arctic
02.Kwenchy Kups
03.Gary Ashby
04.Driver's Story
05.Hot Penny Day
06.Stumpwork
07.No Decent Shoes For Rain
08.Don't Press Me
09.Conservative Hell
10.Liberty Log
11.Icebergs
12.Sombre Two(Bonus Track for Japan)
13.Swampy(Bonus Track for Japan)

ドライ・クリーニング|サウス・ロンドンで異彩を放つアート・パンク最新形!ディーヴォからソニック・ユースまでを彷彿とさせる大型新人バンド遂にデビュー!>>>>

最新のアナログレコード情報はこちら
レコードアクセサリー