こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

一部世界初録音!ボヤン・チチッチ&イリュリア・コンソートによるヨハン・ヤーコプ・ヴァルター:スケルツィ・ダ・ヴィオリーノ(2枚組)

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年06月16日 00:00

ボヤン・チチッチ

知られざる古楽の深淵を切り拓く、ボヤン・チチッチ&イリュリア・コンソートの新録音!大バッハ以前のドイツでもっとも重要なヴァイオリニストの一人、ヨハン・ヤーコプ・ヴァルターの世界初録音を含むヴァイオリン・ソナタ集!

レイチェル・ポッジャーのブレコン・バロックを筆頭に、フロリレジウムやアルカンジェロ、エンシェント室内管弦楽団、EUバロック管弦楽団のコンサートマスターや中心メンバーとして活躍する古楽界のライジング・スターであり、次世代のバロック・ヴァイオリニストの旗手の1人、ボヤン・チチッチ。17~18世紀の知られざる音楽を探究するためにチチッチが結成したピリオド・アンサンブル、イリュリア・コンソート。

チチッチ&イリュリア・コンソートが切り拓く新たな古楽の深淵は、J.S.バッハ以前のドイツにおいて、ビーバーやヴェストホフと並んで最も重要なヴァイオリニストの一人とされている、ヨハン・ヤーコプ・ヴァルター(1650-1717)のヴァイオリン作品集。
フィレンツェのメディチ家コジモ3世の楽団のヴァイオリニストやドレスデン宮廷のコンサートマスターなどを務めたJ.J.ヴァルター。1676年に出版された「スケルツィ・ダ・ヴィオリーノ(ヴァイオリン独奏と通奏低音のためのスケルツォ集)」は、ピッツィカートでハープを、弓でナイチンゲールの歌を模倣するなど、パガニーニの技法を先取りしたものもあり、ニ長調ソナタ(第3番)におけるポリフォニックな可能性、第4番終盤の遊び心、「Imitatione del cuccu」の創意工夫、そしてボヤン・チチッチのお気に入りである最後のアリアの劇的なメランコリーなど、バラエティに富んだ作品が収められており、チチッチはバッハのポリフォニー作品をより深く理解するために彼の音楽を聴くことが不可欠であると信じています。
(東京エムプラス)

輸入盤

[日本語曲目表記オビ付き]

 

国内仕様盤

[解説日本語訳&日本語曲目表記オビ付き]

 

【曲目】
ヨハン・ヤーコプ・ヴァルター(1650-1717):
第1番 組曲 イ長調*
第2番 ソナタ ハ長調
第3番 ソナタ ニ長調*
第4番 ソナタ ト長調
第5番 アリア ホ短調
第6番 ソナタ 変ロ長調
第7番 ソナタ イ長調
第8番 ソナタ ハ長調
第9番 ソナタ ニ長調
第10番 Imitatione del Cuccu
第11番 ソナタ 変ロ長調*
第12番 アリア ホ短調*

(*=世界初録音)

【演奏】
ボヤン・チチッチ(ヴァイオリン&ディレクター)、
イリュリア・コンソート