こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

リチャード・オニールが加入した新体制によるタカーチ弦楽四重奏団のハイドン!ハイドン:弦楽四重奏曲集Op.42、77&103

カテゴリ : ニューリリース

掲載: 2022年06月23日 00:00

タカーチ弦楽四重奏団

1977年エヴィアン国際弦楽四重奏コンクールで一等賞と批評家賞を獲得!グラミー受賞ヴィオリスト、リチャード・オニールが加入!

グラミー受賞ヴィオリスト、リチャード・オニールが参加した新体制によるタカーチ弦楽四重奏団のハイドン!1975年にブダペストのフランツ・リスト音楽院の学生であったガボル・タカーチ=ナジらによって結成され、1977年エヴィアン国際弦楽四重奏コンクールで一等賞と批評家賞を獲得し国際的な注目を浴び、ポーツマス、ボルドー、ブダペスト、ブラティスラヴァ等多くのコンクールで優勝してきた世界最高峰の弦楽四重奏団のひとつ、タカーチ弦楽四重奏団。2020年6月には、グラミー賞受賞(+3度のノミネート)で知られる世界的ヴィオリスト、リチャード・オニールが新たなメンバーとして加わり、新体制となりました。

Hyperionレーベル移籍後のハイドンの弦楽四重奏曲は、過去にOp.71(CDA67793)とOp.74(CDA67781)をリリースしていますが、新体制ではこれが初。
本作は《ロプコヴィッツ四重奏曲》として知られるOp.77の2曲と、老ハイドンの衰えぬ創意を物語る晩年のOp.103(最後の弦楽四重奏曲、未完)、そして短いながらも豊かな内容を持つOp.42の4作品を収録しています。
過去作のハイドンは弦楽器の専門誌『The Strad』で非常に高く評価されており、新体制でのアプローチにも期待が高まります。
(東京エムプラス)

輸入盤

[日本語曲目表記オビ付き]

 

国内仕様盤

[解説日本語訳&日本語曲目表記オビ付き]
解説:リチャード・ウィグモア(日本語訳:生塩昭彦)

 

【曲目】
ハイドン:
弦楽四重奏曲 ニ短調 Op.42
弦楽四重奏曲 ト長調 Op.77-1
弦楽四重奏曲 ヘ長調 Op.77-2
弦楽四重奏曲 ニ短調 Op.103

【演奏】
タカーチ弦楽四重奏団
[メンバー]
エドワード・ドゥシンベア(第1ヴァイオリン)
ハルミ・ローズ(第2ヴァイオリン)
リチャード・オニール(ヴィオラ)
アンドラーシュ・フェイェール(チェロ)

【録音】
2021年4月、ローン・ツリー・アーツ・センター(アメリカ、コロラド)