こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

注目アイテム詳細

髙津臣吾『一軍監督の仕事 育った彼らを勝たせたい』4月13日発売

タグ : 書籍

掲載: 2022年06月28日 16:53

一軍監督の仕事 育った彼らを勝たせたい


選手たちが作った輪のなかに進んでいくと、驚いたことに、みな泣いていた。
青木宣親。山田哲人に村上宗隆、川端慎吾。
石川雅規、そして中村悠平も泣いていた。
付き合いの長い青木の涙を見たら、こっちまで泣きそうになったので、伏し目がちにしていた。
どれだけ、みんな苦しんだんだろう。本当に勝てて良かった。つらかったからこそ、流せる涙もある。
泣きじゃくっている選手たちを前にして、最初に出てきた言葉は「おめでとう」だった。
僕としては、とにかく選手たちを讃えたかった。なぜなら、日本一を獲ったのは選手たち自身だからだ。お前らすごいよ、本当によくやったよという気持ちでいっぱいだった。
(本文より)


【目次】
第1章 2021年かく戦えり
第2章 日本シリーズかく戦えり
第3章 運命の第6戦、涙の日本一へ
第4章 2021年を戦い終えて
第5章 スワローズのV戦士たち
第6章 育てながら勝とうじゃないか
第7章 スワローズ・ウェイと、野村監督の遺伝子
第8章 スワローズ・ウェイの完成に向けて


【著者紹介】
髙津臣吾(たかつしんご)
1968年広島県生まれ。東京ヤクルトスワローズ一軍監督。広島工業高校卒業後、亜細亜大学に進学。90年ドラフト3位でスワローズに入団。93年ストッパーに転向し、チームの日本一に貢献。その後、4度の最優秀救援投手に輝く。2004年シカゴ・ホワイトソックスへ移籍、クローザーを務める。日本プロ野球(NPB)、メジャーリーグ(MLB)、韓国プロ野球、台湾プロ野球を経験した初の日本人選手。独立リーグ・新潟アルビレックスBCでは選手兼任監督としてチームを日本一に導く。14年スワローズ一軍投手コーチに就任。15年セ・リーグ優勝。17年より二軍監督、20年より一軍監督。21年セ・リーグ優勝、20年ぶりの日本一に。正力松太郎賞受賞。22年野球殿堂入り。NPB歴代2位の通算286セーブ、史上二人目となるNPB/MLB通算300セーブを記録している。


line

書籍『日めくり毎日「絶対大丈夫!」』


line

書籍『二軍監督の仕事 育てるためなら負けてもいい』


line

Blu-ray/DVD『東京ヤクルトスワローズ 日本一への軌跡』