こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

WANIMA、「誰かに歌うな 自分に歌え」という想いを込め力強く「今のWANIMAの芯」を詰め込んだ2ndミニ・アルバム『Cheddar Flavor』本日9月23日サプライズ・リリース

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2020年09月23日 16:55

WANIMA

WANIMAが、本日9月23日に2ndミニ・アルバム『Cheddar Flavor』をサプライズ・リリースした。

これは、9月22日に行われた「COMINATCHA!! TOUR FINAL LIVE VIEWING ZOZO MARINE STADIUM」の公演内にて発表されたもの。同公演は、当初過去最大25万人を動員予定だったが、新型コロナウイルスの影響により30公演中アリーナでの16公演が中止、未だ先行きが見えない状況が続くなか、開催を選択したファイナル公演。スタジアムでの無観客ライヴをできるだけ実際のライヴに近い形で体感してもらいたいというメンバーのこだわりから、全国286の映画館と12のライヴハウスを使用した「ライブビューイング」と「配信ライヴ」という形で開催。ライヴ会場となったスタジアム全体に2万5,000本のサイリュームを設置した会場全体を使った演出や、ドローンによる空撮、さらにこのライヴのために開発された「世界初となる映像技術soundiv.」による映像演出など、配信ライヴだからこその演出にこだわり、その新たな可能性に果敢にチャレンジしたド迫力のライヴとなった。

本編ラストでは打ち上げ花火で大団円を迎えた直後、会場のスクリーンに、誰もが初めて聴く楽曲の断片とともに映像が映し出されると、その映像のラストにて9月23日に2ndミニ・アルバム『Cheddar Flavor』をサプライズ・リリースすることが発表となった。スタジアムからの無観客ライヴのみならず、誰も予想していなかったサプライズ・リリースは、常に彼らの音楽を待ってくれている人たちに驚きと喜びを提供したいという本人たちの強い希望から実現。映像が流れたあとには、ステージではメンバーがタイトル・ナンバーでもある初披露の新曲“Cheddar Flavor”を披露し、収録曲である“春を待って”を披露して公演が終了した。

これまで彼らは、新型コロナウイルス拡散防止のためにツアー福井公演、愛媛公演の中止を決定した当日から動き始め、3月12日に最速でツアーでのみ披露していた楽曲“春を待って”を緊急配信。その後も5月22日放送の「ミュージックステーション」にて、彼らが所属する事務所 PIZZA OF DEATHのガレージからのパフォーマンスで、「大切な人たちとの大事な時間」を歌った最新曲“Milk”を初披露するなど、今できることを模索しながら着実に前に進んできた。

そんな彼らが新たに届ける作品は、先に対する不安や葛藤に正面から向き合い、自ら鼓舞するように「誰かに歌うな 自分に歌え」という想いを込めて力強く、「今のWANIMAの芯」とも言うべき音に昇華させた1枚。WANIMAのこの未曾有の事態の中での歩みを表現したかのような濃厚な匂いを放つサウンドの全9曲を収録した、『Can Not Behaved!!』以来、およそ6年ぶりとなる2ndミニ・アルバム。

さらに、2019年11月からスタートした「COMINATCHA!! TOUR 2019-2020」からツアー・ファイナルまでの彼らの歩みを収録楽曲とともに収めた『Cheddar Flavor』のトレーラー映像も公開されている。

【本日発売】WANIMA 2nd MINI ALBUM「Cheddar Flavor」Trailer

 

▼リリース情報
WANIMA
2ndミニ・アルバム
『Cheddar Flavor』
NOW ON SALE


01. Call
02. LIFE
03. 枯れない薔薇
04. SHADES
05. Cheddar Flavor
06. 春を待って
07. Faker
08. となりに
09. Milk

初回プレス限定仕様:『Cheddar Flavor』オリジナルステッカー(ランダムデザイン)

オススメ情報

オンライン限定 新規メンバーズ登録でもれなく!!500円オフクーポンプレゼント