こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

映画「音響ハウス Melody-Go-Round」鑑賞券を15組30名様にプレゼント!


©2019 株式会社 音響ハウス


坂本龍一、松任谷由実、矢野顕子、佐野元春など日本を代表するアーティスト達がこよなく愛したレコーディングスタジオ、45年の歳月 ――。

世界一著名なレコーディングスタジオであるアビー・ロード・スタジオ、ローリング・ストーンズが愛したマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオ、QUEENの伝記映画『ボヘミアン・ラプソディ』にも登場したロックフィールド・スタジオ。ミュージシャンとレコーディグスタジオは密接な関係にある。レコーディングスタジオこそ、のちに語り継がれる名曲や名盤を生み出す誕生の場。そこには音楽を通した人と人とのコミュニケーションがあり、もの作りの醍醐味がある。

『音響ハウス Melody-Go-Round』は、「CITY-POP」の総本山として近年再注目を集めているレコーディングスタジオ・音響ハウスにスポットを当てた音楽ドキュメンタリー。
音響ハウスは1974年12月に東京・銀座に設立され、昨年創立45周年を迎えた。本作で音響ハウスとの出会いや思い入れ、楽曲の誕生秘話を語るのはYMO時代からこのスタジオで試行錯誤を繰り返してきた坂本龍一をはじめ、松任谷由実、松任谷正隆、佐野元春、綾戸智恵、矢野顕子、鈴木慶一、デイヴィッド・リー・ロス(ヴァン・ヘイレン)ら多彩な顔触れ。さらに当時のプロデューサーやエンジニアにもカメラが向けられ、1970年から1980年代にかけて勃興した音楽ジャンル「CITY-POP」がどのように形作られたのかにも迫る。なかでも制作秘話とともに紹介される忌野清志郎と坂本龍一がコラボした「い・け・な・いルージュマジック」は必聴だ。

音響ハウスの歴史と日本の音楽史に与えた影響を俯瞰するだけでは終わらない。ギタリストの佐橋佳幸とレコーディングエンジニアの飯尾芳史が発起人となり、大貫妙子、葉加瀬太郎、井上鑑、高橋幸宏らゆかりのミュージシャンによるコラボ新曲「Melody-Go-Round」のレコーディングにも密着。弱冠13歳(当時)の期待の女性シンガー・HANAが楽曲に歌声を吹き込んだとき、45年の歴史を持つスタジオだからこそのマジックと奇跡が起こる。

企画・監督を務めた相原裕美は、レコーディングエンジニア出身だけに、スタジオを維持する機材修理のベテランスタッフにも目を向け、もの作りをする上で最も重要な姿勢を映し出す。数あるレコーディングスタジオの中で、なぜ音響ハウスが長きにわたり愛されてきたのか?その答えが本作の中にある。

 


映画『音響ハウス Melody-Go-Round』
監督:相原裕美
エグゼクティブプロデューサー:高根護康
プロデューサー:尾崎紀身
撮影:北島元朗
編集:宇野寿信
サウンドデザイナー:山田克之
テクニカルディレクター:新木進
ラインプロデューサー:小瀧陽介
製作:音響ハウス
出演:佐橋 佳幸、飯尾芳史、高橋幸宏、井上鑑、滝瀬茂、坂本龍一、関口直人、矢野顕子、吉江一男、渡辺秀文、沖祐市、川上 つよし、佐野元春、David Lee Roth、綾戸智恵、下河辺晴三、松任谷正隆、松任谷由実、山崎聖次、葉加瀬太郎、村田 陽一、本田雅人、西村浩二、山本拓夫、牧村憲一、田中信一、オノセイゲン、鈴木慶一、大貫妙子、HANA、笹路 正徳、山室久男、山根恒二、中里正男、遠藤誠、河野恵実、須田淳也、尾崎紀身、石井亘〈登場順〉
主題歌 :Melody Go Round / HANA with 銀音堂
作詞:大貫妙子 作曲:佐橋佳幸
編曲:佐橋佳幸、飯尾芳史 ブラス編曲:村田陽一
配給:太秦(2019年 日本 99分)
©2019 株式会社 音響ハウス
onkiohaus-movie.jp
◎2020年11/14(土)より渋谷ユーロスペースほか全国順次公開

 


STORY

国内外のミュージシャンから信頼とリスペクトを集めるレコーディングスタジオ・音響ハウス。創業以来、東京の銀座に本社を置き、 2019年12月に創立45周年を迎えた。数多くの名曲が誕生したレコーディングルームでは、大貫妙子、高橋幸宏、葉加瀬太郎、佐橋佳幸らゆかりの深いミュージシャンたちの手によって新たな楽曲が生まれようとしていた。それは音響ハウスのヒストリーを追った今回のドキュメンタリー映画のためだけに作られたオリジナル主題歌だ。
「運命の出会い」「夢が広がる実験の場」「5つ星スタジオ」「オーラがある」。今回のレコーディングに参加したミュージシャンや、佐野元春、坂本龍一、松任谷由実ら音響 ハウスのスタジオを愛する面々から語られるのは、同スタジオと共に歩んで作り上げてきた”CITY POP”と呼ばれる名曲・名盤の製作秘話。そこからはミュージシャンたちの創作の場を技術面で支えてきたエンジニアや、機材メンテナンスを担当する一流のマイスターたちの姿が浮かび上がる。

豪華メンバーが顔を突き合わせて音作りに励んだ音響ハウス発の主題曲に歌声を吹き込むのは、 13歳(当時)の新進気鋭のシンガー・HANA 。作詞 コーラスでプロジェクトに参加した大貫妙子の歌唱指導と音響ハウスの意匠を引き継ぐ若きスタッフたちの協力のもと、主題曲「Melody Go Round」は完成する。45年に渡り日本の音楽史を支えてきたスタジオの日々と、新たなジェネレーションを繋ぐコラボレーション。令和の時代に、懐かしくも新しいメロディーが響き渡る。

 


【応募締め切り】2020/11/3(火・祝)必着

■応募上のご注意
※こちらのフォームからどなたでもご応募いただけます。
※お名前、ご住所欄に、ローマ数字・丸で囲った数字をご使用なさいませんようお願いいたします。
※自動表示されている内容を変更して応募される場合は上書きしてご応募ください。
※プレゼントの当選発表は、当選メールをもって代えさせていただきます。
※応募フォームの記載内容に不備がある場合は応募対象となりません。
※当選または落選に関するお問合せにはお答えできません。





■ハガキでのご応募
映画「音響ハウス Melody-Go-Round」鑑賞券希望と明記のうえ次のアンケートにお答えいただき、イントキシケイト編集部宛にお送りください。お名前/年齢/性別/ご職業/ご住所/お電話番号/メールアドレスもお忘れなく!

【アンケート 】
1) タワーレコードには月に何回ぐらい行きますか? [1回未満/1~2回/3回以上]
2) intoxicateをどちらで入手しましたか? [店舗/TOWER RECORDS ONLINE /SpecialThanksの設置会場]
3) Special Thanksの設置会場でintoxicateを入手したことがありましたら、会場名を教えてください
4) intoxicateを手に取る頻度は? [初めて/定期/不定期]
5) 音楽を聴く方法は? [CD/アナログ/iPhoneなどデジタル携帯メディア/その他]
6) デジタルダウンロードを利用していますか? [利用する/たまに利用する/利用しない]
7) ストリーミング・サービスを利用していますか? [利用する/たまに利用する/利用しない]
8) コンサートなど音楽イヴェントにはどれくらいの頻度で出かけますか? [ほぼ毎週/ほぼ毎月/年に数回/行かない]
9) 映画館にはどれくらいの頻度で出かけますか? [ほぼ毎週/ほぼ毎月/年に数回/行かない]
10) 音楽以外で興味のある分野はなんですか?(複数回答可)[1:映画 2:美術 3:ミュージカル/演劇 4:バレエ/ダンス 5:オペラ 6:書籍 7:オーディオ 8:カメラ・写真 9:インテリア・家具・雑貨 10:車 11:ファッション 12:落語・お笑い 13:アウトドア 14:スポーツ 15:旅行 16:スクール/習い事]
11) 定期的に利用する音楽・文化情報の雑誌/WEBサイト名を教えてください(複数回答可)
12) intoxicateへのご意見をお聞かせください

宛先:〒143-0006 東京都大田区平和島4-1-23 JSプログレビル 7F イントキシケイト編集部宛

応募に際してご記入いただいたお名前・ご住所・メールアドレス・ご連絡先等の個人情報は当選メール、弊社からの各種ご案内(イヴェント、アーティスト情報など)、アンケートの統計資料の作成に利用させていただくことがございます。ご記入いただきました情報はタワーレコード株式会社にて保管し、第三者へ提供することはございません。タワーレコード株式会社のプライバシー・ポリシーに関しましては、次のサイトをご参照ください。
tower.jp/information/privacy

  • 店舗でもオンラインでも全品ポイント10%還元キャンペーン
  • WACK × TOWER RECORDS キャンペーン
  • TOWER DOORS
  • Mikiki - music review site