こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

ゆず、初のオンライン・ツアーがスタート。AR演出やファンがアバターで参加する新たなライヴ体験

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2020年09月28日 18:20

ゆず

ゆずが、9月27日に自身初のオンライン・ツアー「YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN」初日公演を、神奈川 横浜文化体育館にて開催した。

同ツアーは、今月9月16日に2作品同時リリースされたライヴ・ベスト映像作品『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 1997-2007』、『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 2008-2020』を引っ提げて行われる有料配信ライヴ。

動画配信プラットフォーム「OPENREC.tv」にて、9月27日の「DAY1 出発点」を皮切りに、毎週日曜日の21時に配信される本ツアーでは、最終日となる10月25日まで会場とライヴ・テーマ、セットリストを変えながら全5公演が開催される。

各ライヴ会場は、ゆずにゆかりのある「横浜エリア」から選定。ツアー初日に選ばれたこの日の会場は、ゆずが1998年に初めてアリーナ規模の会場としてステージに立ち、以降も活動の節目にライヴを行ってきた「聖地」と言える横浜文化体育館だ。今月9月に閉館し、58年という長い歴史に幕を閉じた同所から、セットのない体育館の中央で、北川悠仁、岩沢厚治のふたりだけで「ステージ」に立った。

今回のツアーは全5公演、自身の代表曲“夏色”以外、すべて「被り曲なし」というセットリストで構成されるプレミア・ライヴ。“大バカ者”、“始発列車”、“気になる木”など、通常のツアーでは頻繁に披露されることのないアルバム曲/カップリング曲も盛り込まれ、SNS上ではファンから喜びの声があがった。

また、演出としてオンライン・ライヴならではの試みも実施。これまで数々の映像作品を手掛けてきた映像ディレクター 東市篤憲率いる制作チームによるAR演出を起用し、セットのない会場に様々な背景が登場。“いつか”では壮厳な大樹が映し出され雪が舞い降り、“ユーモラス”では世界的アーティスト 村上隆のお花が画面一面に出現した。ライブ鉄板曲“夏色”では、スマホ用アプリ「ピグパーティ」とコラボレーション。事前に選ばれたファン24人がピグという「アバター」に自身を投影し、ゆずと共演。オンライン・ライヴだからこそできる、新たなライブ体験をファンに届けた。

ライヴの締めくくりには、日本テレビ系ドラマ「親バカ青春白書」主題歌としてロング・ヒット中の最新曲“公私混同”を初披露。様々な演出や見せ方を盛り込んだ「オンライン・ツアー」初日の幕を閉じた。

ゆず

ゆず

ゆず

ゆず
カメラマン・太田好治

ゆず
カメラマン・太田好治

ゆず
カメラマン・太田好治

▼オンライン・ツアー情報
「YUZU ONLINE TOUR 2020 AGAIN」
DAY1 出発点 9月27日(日)
DAY2 思春期 10月4日(日)
DAY3 新天地 10月11日(日)
DAY4 青写真 10月18日(日)
DAY5 未来図 10月25日(日)
時間:開演 21:00
配信プラットフォーム:OPENREC.tv
※各配信日より10日間アーカイヴの視聴が可能。
※公演時間は約1時間20分を予定。
ツアー特設サイト

 

▼リリース情報
ゆず
Blu-ray/DVD
『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 1997-2007』
NOW ON SALE
■Blu-ray


■DVD


■特典あり
先着で「オリジナルA4クリアファイル(1997-2007 ver.)」をプレゼント!
※特典満了次第終了とさせていただきます。


Blu-ray/DVD
『YUZU ALL TIME BEST LIVE AGAIN 2008-2020』
NOW ON SALE
■Blu-ray


■DVD


■特典あり
先着で「オリジナルA4クリアファイル(2008-2020 ver.)」をプレゼント!
※特典満了次第終了とさせていただきます。

オススメ情報

オンライン限定 新規メンバーズ登録でもれなく!!500円オフクーポンプレゼント

  • 店舗でもオンラインでも全品ポイント10%還元キャンペーン
  • WACK × TOWER RECORDS キャンペーン
  • TOWER DOORS
  • Mikiki - music review site