こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

野田洋次郎(RADWIMPS)×藤井道人監督による映画『余命10年』特別対談映像が公開

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2022年03月10日 13:20

余命10年

映画『余命10年』の監督を務めた藤井道人と、音楽(劇伴と主題歌)を担当したRADWIMPSの野田洋次郎(Vo/Gt/Pf)による特別対談映像が公開された。

映画『余命10年』特別対談インタビュー(野田洋次郎 × 藤井道人)大ヒット上映!

映像では、藤井監督と野田がお互いをリスペクトし、妥協のない楽曲制作の裏側を振り返っており、クランクイン前から主題歌を含む数曲を用意してもらっていたという藤井監督は「みんなあの曲を頼りに『余命10年』を撮り進めていった」と語るように、RADWIMPSの音楽はキャスト/スタッフ陣にとって心の拠りどころのような存在だったことがわかる。また、藤井監督は「音楽はもう一つの主人公だと思っています。野田さんがすごく作品に寄り添って、茉莉ちゃんに、和人に寄り添って曲を練りこんで作り上げてくれたから、音楽が本当に見事に調和してくれたんだと思います」とも語っている。

映画に寄り添い、支えとなるような音楽を生み出した野田は「“余命もの”と言われるようなものを作るのは、それだけで覚悟がいると思いますし、観る側にもバイアスやフィルターがかかって観られるものであると思うんです。だけど、それを遥かに飛び越えるくらい、まっすぐさというか、情熱というか、真摯さみたいなものが映像を観た時に、画面から飛び出してくるように感じました。全ての人たちが、そこに嘘なく生きているという姿が画面から滲み出てくる。それだけでものすごく価値があるなと思いました。ずっと残っていくような作品だなと感じましたし、このような作品に、初めて実写映画に音楽をつけられて本当に幸せでした。一生大事にしたいと思える映画です。」と作品に込めた想いと感謝を語っている。

そして、主題歌である“うるうびと”についても「和人が持っている悔しさであったり、茉莉がどれだけ生きたかったのか、この世界をどれだけ愛していたのかというのを、映画を観た人たちが音楽を聴いた時に蘇ってくれたらいいなと。ただそこで終わっても欲しくなくて、やっぱり生き続ける僕らが聴き続けてこの世界の色合い、景色が違うものに見えて欲しい。その景色のどこにでも茉莉が生きているような感覚になれたら良いなという想いが強くて、歌詞がどんどん出てきましたね。」と振り返り、「閏年という言葉のイメージはあったんです。閏年は、四年に一度しかない稀有な一日。和人にとって茉莉がどれだけ稀有で、一つの人生でたった一人に巡り合える奇跡なのだということをタイトルでも言いたかったので、「うるうびと」という言葉が浮かんだ時にすごくしっくりきました。」とタイトルに込められた意味を明かした。

 

▼映画情報
映画『余命10年』
公開中
原作:小坂流加「余命10年」(文芸社文庫NEO刊)
監督:藤井道人
脚本:岡田惠和 渡邉真子
出演:小松菜奈 / 坂口健太郎 / 山田裕貴 / 奈緒 / 井口理 / 黒木華 / 田中哲司 / 原日出子 / リリー・フランキー / 松重豊
音楽/主題歌:RADWIMPS “うるうびと”
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式Twitter:@yomei10movie
公式Instagram:@yomei10movie
公式サイト:http://yomei10-movie.jp/
(C)2022映画「余命10年」製作委員会

 

▼リリース情報
RADWIMPS
サウンドトラック
『余命10年 ~Original Soundtrack~』
NOW ON SALE


オススメ情報

新規メンバーズ登録クーポン

  • TOWER RECORDS MUSIC
  • オンライン限定全品ポイント15%還元キャンペーン
  • Mikiki - music review site