こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

ニュース詳細

BUCK-TICK、メンバーの故郷 群馬でデビュー35周年を締めくくり。群馬音楽センターで行われた「BUCK-TICK TOUR 2023 異空-IZORA- FINALO」レポート公開

BUCK-TICK
Photo by 山内洋枝

2022年9月にメジャー・デビュー35周年を迎えたBUCK-TICKは、今年4月からアルバム『異空 -IZORA-』を引っ提げたホール・ツアー「BUCK-TICK TOUR 2023 異空-IZORA-」で全国を巡り、その最終地点として彼らの故郷である群馬の空の下へ帰ってきた。9月17日、18日に群馬音楽センターで開催する追加公演「BUCK-TICK TOUR 2023 異空-IZORA- FINALO」で、35周年のアニバーサリー・イヤーを締めくくる。7月の東京ガーデンシアター公演終演後に飛び込んできたそのニュースは、ファンにとっても特別なものだった。

9月17日、JR高崎駅に降り立つと、この2公演のために作成されたポスターが出迎えてくれた。彼らの故郷の空気を吸いながら、駅から群馬音楽センターへと続く道を歩く。この日の高崎の空は快晴。会場の前に到着すると、メンバー5人の等身大パネルが展示されていた。2度のお出迎えに、自ずとテンションが上がる。1988年の「SEVENTH HEAVEN TOUR」以来、彼らが何度も公演を重ねてきた群馬音楽センターは1961年開館だから、ヤガミ・トール(Dr)のひとつ先輩になる。そのモダンな造りは、『異空 -IZORA-』の世界によく合いそうだ。

不穏な世界情勢や多様化する社会の裏にある歪み、そしてそこに生きる人々の営みや感情を映したアルバム『異空 -IZORA-』のストーリーは、「BUCK-TICK TOUR 2023 異空-IZORA-」で回を重ねるごとに深化し、最終日の東京ガーデンシアターでの圧倒的なパフォーマンスにより、1度完結を迎えていたと思う。この「BUCK-TICK TOUR 2023 異空-IZORA- FINALO」では、アルバム収録曲の置き位置はそのままに、既存曲を変更したり加えたりすることで、それまでとはまた違う手触りと心象を残した。

SEの“QUANTUM Ⅰ”が流れたあと、ステージ上手から今井寿(Gt)を先頭に、ヤガミ、樋口豊(Ba)、星野英彦(Gt)と順に登場すると、大きな歓声と拍手が上がった。4人が定位置につき楽器を手にする間、観客は逸る気持ちを抑えられない様子で、拍手は手拍子へと変わっていた。その音が最高潮に達した頃、センターに櫻井敦司(Vo)が姿を見せた。太腿を露にした黒い衣装に、黒いハットと黒いマラボー姿。1曲目“SCARECROW”の背景に映る案山子のシルエットとシンクロしているようでもあるし、歌詞に出てくる案山子を襲う鴉のようでもある。楽器陣の4人が白い衣装で揃えてきたので、その姿はとりわけ異質に見えた。行き場のない現実に膨らんでいく切迫感を、サビからテンポ・アップしてギリギリのところまで追い込んでいく。緊張感そのままにインダストリアル・ナンバー“ワルキューレの騎行”を響かせたあと、「ガッガッガガッ」と今井が鳴らしたピック・スクラッチを合図に“ICONOCLASM”へ。ツアーでは入っていなかったライヴ定番曲に歓声が上がった。さらに中盤の「Five for Japanese Babies」のところを、櫻井が「Five for Takasaki Babies」と歌詞を変えて歌ったものだから、会場の熱もヒートアップ。続く“残骸”もこのツアーでは初出。死と隣り合わせでありながら、パワフルに命を燃やすこのロック・チューンは、『異空 -IZORA-』の世界観に通ずるものがあると感じた。

トーチの炎が揺らめくなか、エキゾチックなパーカッションの音で空気を一変したのは“愛のハレム”。甘美なサウンドに、右手に持ったティンシャを揺らしながら、憂いのある声で情感豊かに歌う櫻井のヴォーカルが映えた。“さよならシェルター destroy and regenerate-Mix”では、我が子をシェルターに送り、葛藤を抱えながら銃を構える兵士を演じる櫻井のパフォーマンスが毎回注目を集めているのだが、この日は銃に見立てたマイク・スタンドをそっと床に置いていたのが印象的だった。ツアーでは投げ捨てるようなパフォーマンスを何度か観ていたのだが、その日その瞬間の彼の感情がこうしてパフォーマンスに反映されるのは観ていて面白い。「お父さん、お母さん、花束をどうぞ」と、キャッチーなメロディで戦時下の生々しさを子供目線で歌う“Campanella 花束を君に”を披露。“THE SEASIDE STORY”、“人魚 -mermaid-”と2曲の人魚ソングから、サンバのリズムでビーチ感を受け継いだ“無限 LOOP -LEAP-”で幻想的なサウンドスケープを描いたあと、短いMCタイムへ。

例えば過去に上毛かるたの言葉を使ったメンバー紹介をしてみたり、地元では何か特別なことがあるんじゃないかと期待する観客の思いが伝わったのか、「いつも高崎で何かあるんじゃないかって……何もないっすよ」とかわす櫻井。「地元でメンバーに会えた。それぐらいでしょうか」と語ると、「あの子が待ってくれている。だからステージへ行くのさ」と、バンド初期のエピソードを歌詞に盛り込んだ“Boogie Woogie”、ブルージーな“野良猫ブルー”、シャッフル・ビートの“THE FALLING DOWN”と同じ「創世記」を軸とした世界観を持つ“天使は誰だ”を続けると、いよいよ本編のクライマックスへ。戦争という重いテーマを軽快なメロディに乗せて歌う“太陽とイカロス”。「悲シクハ無イ コレデ自由ダ」と、背景に広がる真っ赤な太陽に向けて、両手を広げて羽ばたく姿が美しくて哀しかった。そして、その先にある精神世界へと導いていく“die”へ。大きな曼荼羅の映像と没入的なサウンド、全体を包み込むような光のなかで、ある種の恍惚感を味わった。

ヤガミのドラム・ソロから始まったアンコールは、35周年の思いを込めて「WE LOVE ALL 抱きしめたい」とアップチューンの“CLIMAX TOGETHER”で盛り上げると、“Cuba Libre”、“Coyote”とスパニッシュ調のナンバーを続け、“ヒズミ”へ。センターに火を灯したキャンドルと椅子を置き、腰を掛けた櫻井の独演が始まると、フロアの空気も櫻井の表情も変化する。眼光鋭く悲痛な表情で歌う櫻井の横で、ピョンピョンと「ジェンガ」のステップを踏む今井のアンバランスなパフォーマンスが物悲しさを倍増させた。命咲かせよと歌う“名も無きわたし”では、ステージいっぱいに花びらが舞う映像が広がり花吹雪が舞う会場のなか、クリアなアンサンブルと力強いヴォーカルが、陶酔感を与えながらカタルシスへと導いていった。

ツアーでは行われなかったWアンコールで演奏されたのは“New World”。この公演で35周年イヤーを締めくくり、新章へと突入するBUCK-TICKに相応しい光溢れるナンバーは、彼らの進む未来を明るく照らす。それと同時に、問い掛けてくるのだ。戦闘機に乗って太陽を目指した“太陽とイカロス”の主人公が、「今」の私たちに託してくれたこの世界は、果たして美しいと言えるだろうか。胸を張れる未来になっているだろうか。コンサートの余韻と共に、そんな問い掛けが数日経った今でも胸を去来する。過去から現在、そして未来へと繋げていくもの、守っていきたいもの。『異空 -IZORA-』が表現したメッセージは、このツアーを通して、しっかりとこの胸に届けられたと思う。

終演後、外に出た観客に嬉しいサプライズが用意されていた。会場の外観に映し出されたプロジェクションマッピングで、世界各国の言葉で「ありがとう」のメッセージや、メンバー直筆のメッセージが流れた。なんたるホスピタリティ。その心遣いに感嘆の声が上がった。

生配信された翌日の18日は、関係者をシャットアウトし、メンバーとファンだけで濃密な時間を共有するスペシャルな公演となった。その模様は9月26日23時59分まで公開されているアーカイヴ配信で(配信プラットフォームによっては9月25日23時59分まで)ぜひ楽しんでほしい。終演後に配布された号外には、BUCK-TICKの未来が記されていた。12月29日に日本武道館で「THE DAY IN QUESTION 2023」を開催すること、そしてデビュー35周年を記念した映画を製作することが発表された。アニバーサリー・イヤーを休む暇なく駆け抜けたメンバーがどんなふうに描かれるのか、その完成を心待ちにしている。

BUCK-TICK
Photo by 山内洋枝

BUCK-TICK
Photo by 山内洋枝

BUCK-TICK
Photo by 青木早霞

BUCK-TICK
Photo by 山内洋枝

BUCK-TICK
Photo by 山内洋枝

BUCK-TICK
Photo by 青木早霞

BUCK-TICK
Photo by 青木早霞

 

▼リリース情報
BUCK-TICK
ライヴBlu-ray&DVD
『TOUR THE BEST 35th anniv. FINALO in Budokan』
12月13日(水)リリース

■Blu-ray


■DVD


ライヴBlu-ray&DVD
『THE PARADE ~35th anniversary~』
NOW ON SALE

■Blu-ray


■DVD


 

▼ツアー情報
「BUCK-TICK TOUR 2023 異空-IZORA- ALTERNATIVE SUN」
10月20日(金)神奈川 KT Zepp Yokohama
10月26日(木)愛知 Zepp Nagoya
10月28日(土)Zepp Fukuoka
11月4日(土)Zepp Osaka Bayside
11月12日(日)北海道 Zepp Sapporo
11月19日(日)東京 豊洲PIT
12月2日(土)宮城 SENDAI GIGS
12月9日(日)Zepp Haneda(TOKYO)

■ツアー特設サイト:https://buck-tick.com/feature/specialsite_ans2023


「FISH TANKer's ONLY 2023」 ※ファンクラブ会員限定ライヴ
10月19日(木)神奈川 KT Zepp Yokohama
11月3日(金・祝)Zepp Osaka Bayside
11月18日(土)東京 豊洲PIT
12月8日(金)Zepp Haneda(TOKYO)

■公演特設サイト:https://buck-tick.com/feature/specialsite_fto2023

 

▼ライヴ情報
「THE DAY IN QUESTION 2023」
12月29日(金)東京 日本武道館
OPEN 17:30 / START 18:30
[チケット]
全席指定:11,000円
■最速先行:W会員チケット先行予約
~9月27日(水)14:00
■チケット一般発売日
11月25日(土)

 

▼番組情報
WOWOWライブ/WOWOWオンデマンド「27時間連続!デビュー35周年WOWOW特集 BUCK-TICK Special Day」
10月11日(水)、12日(木) ※WOWOWオンデマンドでは、全番組、放送終了後~1ヶ月間のアーカイヴ配信あり

■番組サイト:https://www.wowow.co.jp/music/bt/

 

▼映画情報
映画公式サイト:https://bt-movie.love

オススメ情報

新規メンバーズ登録クーポン

TOWER RECORDS MUSIC

セブン-イレブン受け取りサービス

最新のアナログレコード情報はこちら

towerbooks

カテゴリ : タワーレコード オンライン ニュース

掲載: 2023年09月26日 18:35

  • Mikiki - music review site
  • TOWER RECORDS MUSIC
  • 冬のタワーレコードSALE