こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

ガリー・ベルティーニ

プロフィール

1927年、モルドヴァ共和国(旧ソ連)生まれの指揮者・作曲家。2005年3月17日、テル・アヴィヴにて急逝。幼い頃にイスラエルに移住し、テル・アヴィヴで音楽教育を受ける。ミラノのヴェルディ音楽院、パリ・コンセルヴァトワール、エコール・ノルマル、ソルボンヌ大学で、オネゲル、メシアン、ブーランジェらに師事し、指揮やヴァイオリン、作曲、音楽学を学ぶ。55年、イスラエル・フィルを指揮してデビュー、世界各国のオーケストラと共演し、65年からは自ら創設に携わったイスラエル室内管弦楽団の指揮者を務めた。71年からスコティッシュ・ナショナル管首席指揮者、77年からエルサレム管常任指揮者、83年からケルン放送響首席指揮者、94年から新イスラエル歌劇場芸術監督などを歴任。60年にイスラエル・フィルと初来日。特に手兵ケルン放送響を率いて来日した折の圧倒的なマーラーの名演をきっかけに、日本でも人気が高まった。98年、都響の音楽監督に就任し、2000~04年のマーラー・チクルスが大成功を収めた。ジョスカン・デ・プレから現代曲までレパートリーは広かったが、中でもマーラー解釈には定評があり、ケルン放送響を振ったマーラー交響曲全集を東芝EMIに録音、最近も都響とマーラー交響曲全集を録音していた。

2012/08/30 (2013/01/23更新) (CDジャーナル)

ディスコグラフィ