こんにちは、ゲスト

ショッピングカート

アーティスト詳細

ニコライ・ルガンスキー

プロフィール

1972年4月26日生まれ、露・モスクワ出身のピアニスト。本名はニコライ・リヴォヴィチ・ルガンスキー。7歳でモスクワ中央音楽学校に入学し、タチアナ・ケストナーに学ぶ。モスクワ音楽院ではタチアナ・ニコラーエワに師事。88年のライプツィヒ国際バッハ・コンクール、90年のモスクワ・ラフマニノフ・コンクール入賞を経て、94年にチャイコフスキー・コンクールで最高位を獲得。96年に米デビュー。バッハからラフマニノフにいたる協奏曲、室内楽、ソロ・リサイタルを通じ、強靭なテクニックと繊細な詩情を併せ持つ演奏で高評価を得て、“鍵盤の若きプリンス”と称される。モスクワ音楽院では後進の指導も行なう。

2012/07/30 (2019/03/13更新) (音楽出版社)

ディスコグラフィ