ショッピングカート
クラシック
CD
MAHLER:SYMPHONY NO.9(4/6-8/1997)/R.STRAUSS:TOD UND VERKLARUNG OP.24(1/10,11/2001):GIUSEPPE SINOPOLI(cond)/STAATSKAPELLE DRESDEN
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

クラシック輸入盤プライスオフ
数量限定スペシャル・プライス
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

2

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2007年03月13日

規格品番

PH07004

レーベル

Profil/Edition Staatskapelle Dresden

SKU

881488700428

商品の紹介
<シュターツカペレ・ドレスデン・エディション>
トロけるような官能と陶酔。シノーポリ&シュターツカペレ・ドレスデンによるマーラー:交響曲第9番&R.シュトラウス:「死と変容」
2001年4月20日、ジュゼッペ・シノーポリは「アイーダ」の演奏中に心臓発作で倒れ、そのまま帰らぬ人となりました。ドラマチックな最期を遂げた彼を語る上で、まず真っ先に思い起こされる究極のレパートリーといえば、当時の手兵フィルハーモニア管と作り上げた全集録音(85~94年)と続くシュターツカペレ・ドレスデンとの「大地の歌」(96年)で知られるマーラーをおいてほかにないでしょう。スタジオ盤より3年あまりを経ての第9交響曲。1992年以来首席指揮者を務めたシュターツカペレ・ドレスデンとのライヴは、極端なテンポ・ルバートを基調とした主情的なアプローチがいっそうの深化を遂げ、えもいわれぬ耽美的世界が繰り広げられています。トロけるような官能と陶酔。93年録音との端的な違いの顕れとしては、第1楽章がおよそ5分、アダージョも2分以上と、すべての楽章の演奏時間が拡大した結果、全曲が10分近くも長くなっていることが挙げられます。いっぽう、当楽団ととりわけゆかりの深いシュトラウスはシノーポリが世を去る3ヶ月前のもの。いくつかのオペラや「英雄の生涯」「アルプス交響曲」など主要な管弦楽作品を録音している当コンビですが、「死と変容」はこの顔合わせでは初めて。なるほど「シュトラウスのオケ」シュターツカペレ・ドレスデン。こちらも匂い立つような色気がそこかしこに充満して、浄化の動機が歌われるあたり時に退廃的な美を醸し出して替え難い魅力です。いずれにしてもシノーポリのアクの強さもさることながら、“どこまでも精緻で表情も濃厚”、このオケの底知れぬポテンシャルにはまったく驚かされます。ここに聴く内容から想像するに、シノーポリ&シュターツカペレ・ドレスデンはまだまだ恐ろしく凄絶な音楽をやってのけたであろうはずで、突然の死が惜しまれてなりません。[コメント提供;(株)キング・インターナショナル]
発売・販売元 提供資料 (2009/04/08)
収録内容

構成数 | 2枚

合計収録時間 | 02:00:00

【曲目】
1. マーラー: 交響曲 第9番 ニ長調
2. R.シュトラウス: 交響詩 「死と変容」 Op.24
【演奏】
ジュゼッペ・シノーポリ(指)シュターツカペレ・ドレスデン
【録音】
1)1997年4月6-8日 ドレスデン,ゼンパーオーパー (ライヴ)
2)2001年1月10,11日 ライプツィヒ,ゲヴァントハウス (ライヴ)
[DDD/ステレオ]
【演奏時間】
※マーラー[シュターツカペレ・ドレスデン/97年ライヴ]
Ⅰ .32’51”+Ⅱ .16’54”+Ⅲ .14’12”+Ⅳ .28’18”(※実測値)
[フィルハーモニアO/93年]
Ⅰ .28’05”+Ⅱ .15’08”+Ⅲ .13’14”+Ⅳ .25’50”
※R.シュトラウス[シュターツカペレ・ドレスデン / 01 年ライヴ]
26’27”(※実測値)
[ニューヨーク・フィル/87年]
28’22”
    • 1.
      [CD]
    • 2.
      [CD]
カスタマーズボイス
    評価する:
ニュース & 記事
還元ポイント
26pt
販売価格(税込)
¥ 5,489
¥ 2,544(46%)オフ
¥ 2,945
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加