ショッピングカート
J-Pop
CD
ホニャララ
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2008年11月05日

規格品番

DDCK-1013

レーベル

カクバリズム

SKU

4543034017737

作品の情報
メイン
アーティスト
オリジナル発売日
2008年11月05日
商品の紹介
前作『songs of instrumental』から約2年、待望のサード・アルバム。SAKEROCKの辿り着いた新境地は快晴だった!とでも言うべき、非常に気持ちよく、素晴らしい音楽が最高の音質で録音されています。彼らの溢れ出る才能をエンジニアの内田直之(Dry & Heavy)が見事にコンパイル!より躍動感溢れる内容になっており、一聴して「おお!」となるキャッチーさと、じっくり聴いた時には「素晴らしい!」と言ってしまう楽曲の奥深さ、どちらも併せ持った豊穣なアルバムです。様々なサイド・ワークを通過した後に放つ本気の一枚。これが日本の新しい音楽です!
タワーレコード (2009/04/08)
2006年11月の『songs of instrumental』から約2年振りとなる、SAKEROCKのサード・アルバム。より躍動感溢れる内容になっており、一聴して「おお!」となるキャッチーさと、じっくり聴いた時には「素晴らしい!」と言ってしまう楽曲の奥深さ、どちらも併せ持った豊穣なアルバム。 (C)RS
JMD (2010/06/14)
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:39:02

<ブックレット収録内容>
●梅佳代によるサケロックのグラビア
●天久聖一によるサケロックインタビュー
●ホニャララの対談(星野源と細野晴臣 / 伊藤大地と深田有一 / 田中馨と小宮俊海 / 浜野謙太と堂前雅史)
●小田扉によるマンガ「サケロック」
●松永良平によるライナーノーツ「昔の私と今の私とホニャララな私」
●メンバー曲解説

    • 1.
      [CD]
      • 8.
        メドレー 千のナイフ / 妖怪道中記
        00:03:20
レビュー
  • SAKEROCK、2年ぶりとなる3杯目、じゃなくて、3枚目のアルバムが堂々完成。といってもサントラという形で調子良く作品のリリースは続いていたが、すべては本作への助走だったと思えるほど充実した内容だ。振り返れば前作『songs of instrumental』は歌モノを入れたり、多彩なゲストを招いたりと大宴会のノリだった。それに比べて今回は全曲インスト。バンド・アンサンブルに焦点を絞りつつ、彼らならではの曲作り、演奏をじっくり楽しませてくれる。アイデアの落とし込みに詰め込み感がなく、曲の自然な流れのなかで消化されているあたりに余裕を感じさせるが、アンサンブルのふくよかさも段違い。まるで名人の落語のような極上のグルーヴがアルバムを貫いている。聴くほどに、五臓六腑に沁み渡る吟醸酒!
    bounce (C)村尾 泰郎

    タワーレコード (2008年11月号掲載 (P78))

カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(2)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/05/06

恐らく星野源さんがいちばん尖ってた頃の作品笑ジャズ、ジャム系のインストバンドはそれまであったけどポップをインストでやったバンドって今でも少ないんじゃないかなと思います。聴いたとき勝手に「その手があったか!」と膝を打ちました。それくらい斬新に聞こえました。

★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/04/23

タイトルからSAKEらしさいっぱい。3枚目のアルバムは全曲インスト曲。シングルでもリリースされた「会社員」のテンションの高さに加えて高速マリンバだったりと初めから心はウキウキしてしまいます。新しいことがたくさん詰まった1枚。源さんのソロアルバムでも歌われてる「老夫婦」は違う曲のように聴こえるので聴き比べるのもアリ。

ニュース & 記事
還元ポイント
26pt
販売価格(税込)
¥ 2,860
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加