ショッピングカート
Rock/Pop
CD
Angles
★★★★★
★★★★★
0.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

オンラインキャンペーン価格
発売済み輸入盤スペシャルプライス10%オフ
商品の情報

フォーマット

CD

構成数

1

国内/輸入

輸入

パッケージ仕様

-

発売日

2011年03月17日

規格品番

97534722

レーベル

RCA

SKU

886975347223

作品の情報
メイン
アーティスト
その他
エンジニア
プロデューサー
オリジナル発売日
2011年
商品の紹介
約5年振り、全世界待望となる4枚目のアルバムが完成!01年、「2000年代のロックシーン最大の事件」とも言われた歴史的名盤『イズ・ディス・イット』から続く、日本でも全てゴールド・ディスクを達成した3作によって、2000年代に「新たな基準」と「時代」をつくったザ・ストロークス。メンバー自身が「本当の意味で初めてバンド全員でつくったザ・ストロークスのニュー・モデル」と自負し、ヴォーカルのジュリアンをはじめ、メンバーそれぞれのソロ活動によって得た、進化・成長から引き起こされた化学反応によって到達した新たなる世界=第二章となる今作。自らが創り上げた時代・世代、その唯一無二の完成形を打ち破り、2011年、さらに 2010年代という新たな時代=“モダン・エイジ”をつくり、牽引する作品になること間違いなし。
SMJ
発売・販売元 提供資料 (2011/02/07)
Spin (p.74) - "When they go for depth here -- which they do on a handful of slower, quieter cuts -- the route isn't bitterness, but a kind of pop-philosophical wonderment." Entertainment Weekly (p.77) - "[T]here are returns to form, especially 'Under Cover of Darkness,' a vintage party anthem for the Lower East Side set....For the first time, it actually feels like the guys are trying." -- Grade: B- Uncut (p.79) - 4 stars out of 5 -- "[W]hen it comes down to heads-down garage grind, 'Metabolism' and 'You're So Right' show The Strokes remain masters of taut, nervy melody." Billboard (p.40) - "It boasts fresh intricacies in the guitar interplay between Albert Hammond Jr. and Nick Valensi..." Record Collector (magazine) (p.99) - 3 stars out of 5 -- "[W]hen it works, no one's better at that louche, three-chord melodic simplicity and vocal standoffishness, delivered with just the right amount of scuzz."
Rovi
収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:34:23

Personnel: Julian Casablancas (vocals); Nick Valensi (guitar); Fabrizio Moretti (drums). Audio Mixer: Noah Georgeson. Recording information: Avatar Studios; Electric Lady Studios; One Way Studios. Arranger: The Strokes. After releasing three albums in five years, the Strokes spent the second half of the aughts in hibernation. Frontman Julian Casablancas and guitarist Albert Hammond, Jr. launched solo careers in the interim, eventually returning to the fold in 2009 to begin work on the Strokes' self-produced fourth album. Released two years later, Angles features some of the band's most retro experiments to date.

    • 1.
      [CD]
      • 1.
        Machu Picchu
      • 2.
        Under Cover of Darkness
      • 3.
        Two Kinds of Happiness
      • 4.
        You're so Right
      • 5.
        Taken for a Fool
      • 6.
        Games
      • 7.
        Call Me Back
      • 8.
        Gratisfaction
      • 9.
        Metabolism
      • 10.
        Life Is Simple in the Moonlight
レビュー
  • ある世代を代表する顔役とはいえまだまだ成長期にあるのに5年の空白を開け、しかもほぼメンバー全員がソロ活動に精を出していたことはご存知の通り。となると、ゼロと言わないまでも人間関係とバンドのアイデンティティーを基本部分から再構築しながら、この4作目『Angels』は完成したと見て良さそうだ。実際、ジュリアン・カサブランカス(ヴォーカル)が一手に曲作りを担当していた過去3枚と違い、今回は全員の意見を平等に汲みながら曲を形成。引き続きガレージ~ポスト・パンクがサウンドの核にあるが、カーズからシン・リジィまで70~80年代の幅広いアーティストの影響を各曲に散りばめて、エレクトロニックな要素も多用。曲展開にもヒネリを効かせ、総じてコラージュ的に断片をはめていったような印象があり、アップビート&ポップに曲をまとめているものの、彼らにとってもっとも実験性の高いアルバムになった。そうした実験のなかには少々生煮えのものもあるが、ストロークスがそれぞれにユニークな5つの音楽的人格の集合体であることを確認できるし、良い意味で進行中のプロセスの途中経過と捉えるべきなのであろう。
    bounce (C)新谷洋子

    タワーレコード (vol.330(2011年3月25日発行号)掲載)

カスタマーズボイス
    評価する:
関連商品
ニュース & 記事
還元ポイント
13pt
販売価格(税込)
¥ 1,639
¥ 164(10%)オフ
¥ 1,475
販売中
在庫わずか
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加