ショッピングカート
クラシック
CD
レハール: 喜歌劇「メリー・ウィドウ」, ウィーンの夜会<タワーレコード限定>
★★★★★
★★★★★
5.0

在庫状況 について

・各種前払い決済は、お支払い確認後の発送となります(Q&A)

商品の情報

フォーマット

CD

構成数

2

国内/輸入

国内

パッケージ仕様

-

発売日

2017年04月12日

規格品番

PROC-2042

レーベル

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION +plus

SKU

4988031216927

商品の説明

※歌詞対訳なし(DISC1)
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット中にも採用)
※解説:渡辺謙太郎氏他、解説書合計24ページ

商品の紹介
VPOにとって初録音となった「メリー・ウィドウ」とウィーン所縁の作曲家の小品集、
90年代にガーディナーと収録した名盤2枚を集成。

ガーディナーとウィーン・フィルの初共演盤となった1994年収録の「メリー・ウィドウ」と、99年2月にセッション録音された、VPOで長年演奏され続けてきたウィーンの名作曲家たち(スッペ、ツィーラー、レハール、ランナー、ホイベルガー)による9つの傑作を集めた「ウィーンの夜会」をカップリング。「メリー・ウィドウ」以前のガーディナーは古楽演奏のスペシャリストとして世界的評価を確立していたため、このVPOとの共演盤は当時センセーショナルな話題となりました。合唱は64年にガーディナーが創設したモンテヴェルディ合唱団を起用しているものの、「メリー・ウィドウ」という20世紀初頭に初演されたウィーンの由緒ある作品を指揮するという、それまで考えられなかった試みに当初は戸惑う向きもあったかも知れませんが、結果的にこの企画は大成功となりました。VPOが「メリー・ウィドウ」の録音を行ったのは初めてということでも評判を呼び、演奏でもガーディナーならではの機転の利いた音楽運びとVPOの極上の音色がうまくマッチし、現代においても「メリー・ウィドウ」最上の名盤のひとつとして評価され続けています。「ウィーンの夜会」に収録されている曲は、VPOにとっても重要な作品ばかりです。「メリー・ウィドウ」以降ガーディナーとの録音機会を増やしていったVPOがこのアルバムを託したことには重要な意味があるのでしょう。シュトラウス一家の先駆者、好敵手、音楽上の子孫とも言える作品に焦点を当てることによって、ウィーンという街の伝統や多様性が今でも息づいていることに気付かされます。その意味でもこのアルバムは、今に続くVPOを伝える好企画と言えるでしょう。尚、3曲目にはDISC1の「メリー・ウィドウ」から「ワルツ」も新規で録音されていますので、5年後の比較としても興味深いです。「メリー・ウィドウ」と「ウィーンの夜会」は単独での再発に恵まれておりませんでしたので、その意味でも2017年の「ウィーン・フィル創立175周年」を祝う記念の年に相応しいアルバムと言えます。ジャケットは初出時のオリジナル・ジャケット・デザインを使用。ブックレットにももうひとつの盤のジャケット・デザインを印刷し、解説書には初出時のライナーと新規で序文解説を掲載しました。尚、今回の復刻では、第2弾として全5作を発売いたします。
タワーレコード (2017/03/15)
収録内容

構成数 | 2枚

【収録曲】
<DISC1>
フランツ・レハール:メリー・ウィドウ 3幕のオペレッタ
<DISC2>ウィーンの夜会
1. .フランツ・フォン・スッペ:喜歌劇《ウィーンの朝・昼・晩》序曲
2. カール・ミヒャエル・ツィーラー(編曲:ハンス・シュナイダー):
ワルツ《ウィーンの市民》作品419
3. フランツ・レハール:舞踏会の美女(メリー・ウィドウ・ワルツ)
4. ヨーゼフ・ランナー:ワルツ《シェーンブルンの人々》作品200
5. カール・ミヒャエル・ツィーラー(編曲:マックス・シェーンヘル):扇のポロネーズ 作品525
6. フランツ・レハール:ワルツ《金と銀》作品79
7. ヨーゼフ・ランナー(編曲:ハインリヒ・ペク):ギャロップ《旋風》作品142の1
8. カール・ミヒャエル・ツィーラー(編曲:マーティン・ウーア):シェーンフェルト行進曲 作品422
9. リヒャルト・ホイベルガー(1850-1914):喜歌劇《オペラ舞踏会》序曲

【演奏】
ミルコ・ツェータ男爵:ブリン・ターフェル(バリトン)、
ヴァランシエンヌ:バーバラ・ボニー(ソプラノ)、
ダニロ・ダニロヴィッチ伯爵:ボイエ・スコウフス(バリトン)、
ハンナ・グラヴァリ:チェリル・ステューダー(ソプラノ)、
カミーユ・ド・ロジヨン:ライナー・トロースト(テノール)、
カスカーダ子爵:カール・マグヌス・フレドリクソン(テノール)、
ラウール・ド・サン・ブリオシュ:ウーヴェ・ペパー(テノール)、
ニエグシュ:ハインツ・ツェドニク(テノール)、他
モンテヴェルディ合唱団
以上、DISC1
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
ジョン・エリオット・ガーディナー(指揮)

【録音】
1994年1月(DISC1)、1999年2月(DISC2)
ウィーン、ムジークフェラインザール デジタル録音

【原盤】
Deutsche Grammophon
    • 1.
      [CD]
    • 2.
      [CD]
カスタマーズボイス
総合評価
5.0
★★★★★
★★★★★
(2)
    評価する:
★★★★★
★★★★★
投稿日:2020/04/20

ウィーン・フィルで聴くことができる「メリー・ウィドウ」。録音当時の魅力的な歌手たちが集められているのもいいですね。「ウィーンの夜会」は存在を知らなかったので、うれしい出会い。大好きな曲ばかり。

★★★★★
★★★★★
投稿日:2018/01/13

ウィーン・フィルによるメリー・ウィドウの初めての録音!! カラヤン盤のBPO、マタチッチ盤のPOに比べて伴奏を務めるウィーン・フィルのなんと優雅な調べ、まさに水を得た魚のようだ。この録音のあと、このコンビでオペレッタではこうもりしか上演しないウィーン国立歌劇場で初めて上演されたのも、さもあり何と思う。これ1枚で再発されても良いところに、カップリングがウィーンの夜会とはセンスの良い企画だ。

ニュース & 記事
還元ポイント
17pt
販売価格(税込)
¥ 1,885
販売中
在庫あり
発送までの目安:当日~翌日
cartIcon カートに入れる

欲しいものリストに追加

コレクションに追加