こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【CD】

Body And Shadow

Brian Blade & The Fellowship Band

  • ポイント10倍
  • 1回の配送の合計金額が、2,000円(税込)以上で送料無料!
  • オンラインキャンペーン価格
    ジャズ スペシャルプライス12%オフ
  • 〈オンラインショップ限定〉ポイント10倍キャンペーン
    開催期間:10月15日(月)11:00~10月19日(金)23:59まで [※期間中のご 予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,581
  • セール価格(税込)
    ¥2,271
    ¥310 (12 %) オフ
  • ポイント数
    21 ポイント →今なら210 ポイント!

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2017/11/14

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (International Version)

レーベル

Blue Note Records

規格品番

5792171

商品の紹介

  • ボブ・ディラン、ジョニ・ミッチェル、チック・コリア、デヴィッド・サンボーンなど、数多くの世界的なアーティストのレコーディングにも参加し、2000年以降、ウェイン・ショーター・カルテットのメンバーとしても活動。さらには、ノラ・ジョーンズのデビュー・アルバム『ノラ・ジョーンズ』や、新作『デイ・ブレイクス』にも参加しており、ノラのサウンドにおいても重要な役割を果たしている世界最高峰の天才ドラマー=ブライアン・ブレイド。自身のバンド=ザ・フェロウシップ・バンドを率いての約3年ぶり5枚目となるニュー・アルバム『ボディ・アンド・シャドウ』をブルーノートよりリリース。 今作の『ボディ・アンド・シャドウ』はブライアン・ブレイドとジョン・カワードが作曲、アレンジ、プロデュースを手掛け、ロードアイランドのプロヴィデンスにあるコロンバス・シアターという由緒ある場所でレコーディングされた。 「全ての人間が持つ光と影」をテーマに創られたこのアルバムは、聴く人々の魂に安らぎを与え、優雅に流れるように、精巧で美しいサウンドに仕上がっている。

    発売・販売元 提供資料 (2017/10/16)

レビュー

  • ウェイン・ショーター、ノラ・ジョーンズからジョニ・ミッチェルまでジャンルを問わず大物からの信頼厚い天才ドラマー率いるフェロウシップ、3年ぶりの新作は「光と影」がテーマ。歴史的ヴェニューにてライヴ形式で録音された本作は相棒のピアニスト、ジョン・カワードとの共同プロデュースにより、これまで以上に作編曲センスが光る。アメリカーナかつサッドコア的構成でシカゴ音響派にも通じる音楽性を保ちながらも夜の帳を落とした様に、墨汁の一滴の様に静かにジワジワと沁み、丁寧にグルーヴを繰り広げる。と思いきや、気付けば醒めている白昼夢でもある。それは昼と夜の隙間を縫う美しい音楽。
    intoxicate (C)片切真吾

    タワーレコード (vol.131(2017年11月25日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:31:39

Personnel: Brian Blade (drums); Dave Devine (guitar); Myron Walden (bass clarinet, alto saxophone); Melvin Butler (tenor saxophone); Jon Cowherd (piano, harmonium, Mellotron). Recording information: Eyeland Studio; The Columbus Theatre Providence, RI. Body and Shadow marks only the fifth album in Brian Blade & the Fellowship Band's 20-year history. They have pursued an ensemble-based sound over their entire tenure with remarkable consistency and a dedication to a musical aesthetic whose roots lie in pastoral American forms from folk, blues, and gospel to modern creative jazz. There has been another personnel shift in the guitar chair -- Jeff Parker and Marvin Sewell alternately appeared on 2014's Landmarks, but have in turn been replaced by Denver jazz-rock guitarist Dave Devine, whose diverse approach is a seamless fit with Blade, keyboardist Jon Cowherd, bassist Chris Thomas, and saxophonists Melvin Butler and Myron Walden. The set was co-produced and arranged by Cowherd and Blade, who split compositional duties. Blade's set-opener "Within Everything" commences with a languid, almost processional melody articulated by guitar, piano, and saxophones. He and Thomas pace a gentle march even as a country-tinged feel inhabits the hymn-like vibe. Devine's electric guitar introduces the first part of the title suite (subtitled "Night"), while sustained single notes and controlled feedback engage in barely detectable counterpoint with piano and bassline in waltz time. Its repetitive theme is more interlude than formal composition, and seemingly the only thing that keeps it anchored to earth. (The remaining two parts appear out of sequence later on, and both are equally satisfying for all their spacious pastoral tendencies.) Cowherd's "Traveling Mercies" is one of the album's finest moments, with his majestic chord voicings, fingerpicked guitars, and the interplay of saxophone, bass clarinet, and whispering snare and kick drum. Its articulation resembles that of a folk song until the bridge, which contrasts sharply, adds tension and drama. He also introduces -- via a harmonium solo -- an actual traditional hymn in the two-part "Have Thine Own Way, Lord," arranged by Blade. Using his snare and hi-hat, he manages to keep the gospel feel and yet makes it a fluid dance as the horns offer the melody to just the piano. The eight-plus-minute "Duality" diverges from the Americana path as the sextet shifts tempos and dynamics to engage both post-bop and modal jazz. It hosts a celebratory solo from Cowherd and a deeply soulful one from Walden. Set-closer "Broken Leg Days" is the album's single. A Cowherd composition, its piano and drum opening recalls Pat Metheny's relentless pursuit of euphoria as a motivic notion. When the horns enter, they weave counter melodies in tandem and separately, Devine's guitar accents the bass, drum, and piano fills, and the rhythm takes on a Latin lilt before Butler delivers a killer tenor break. Body and Shadow presents a gorgeous balance of openness, melodic invention, and intuitive understatement that distinguishes this band from virtually every other jazz act. ~ Thom Jurek

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Within Everything

    close

    2.

    Body and Shadow (Noon)

    close

    3.

    Traveling Mercies

    close

    4.

    Have Thine Own Way, Lord (Solo)

    close

    5.

    Have Thine Own Way, Lord (Band)

    close

    6.

    Body and Shadow (Morning)

    close

    7.

    Duality

    close

    8.

    Body and Shadow (Night)

    close

    9.

    Broken Leg Days

    close