こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【ムック】

ユリイカ 2018年1月号 特集=サニーデイ・サービス -曽我部恵一、田中貴、丸山晴茂……サニーデイの25年-

  • ポイント10倍

現在オンラインショップ取扱なし

商品の説明

曽我部恵一/サニーデイ・サービス
『東京』をはじめとした名作で90年代を一気に駆け抜け、『DANCETO YOU』(2016)で大きな反響を巻き起こし、結成25周年を迎えるサニーデイ・サービスを大特集。2017年ストリーミング限定リリースという、日本では前例のないかたちで発表された『Popcorn Ballads』のフィジカル盤および、19年振りに行われた日比谷野音でのライブDVDの発売にあわせ、現在地からその歩みを辿る。

商品の情報

発売日

2017/12/27

フォーマット

ムック

構成数

1

製造国

国内

レーベル

青土社

規格品番

9784791703432

作品の情報

その他

収録内容

構成数 | 1枚

■私が出会った人々*25
故旧哀傷・アラン・スワビー / 中村稔

■詩
晩秋小閑 二篇 / 中村稔

■ユリイカの新人
暗夜 / 草野青人
密室空間 他一篇 / 岩倉文也

特集*サニーデイ・サービス――曽我部恵一、田中 貴、丸山晴茂……サニーデイの25年

■インタビュー
「サニーデイ・サービス」という物語 / 曽我部恵一(聞き手=松山晋也)
成長と不安、あるいは前進しつづけるバンドのかたち / 田中貴(聞き手=大石始)

■「若者たち」の群像
解釈より早いラブソングの基礎 / 湯浅学
Choose your future. Choose life. / 北沢夏音
論考:永遠(彼ら)にささげる / 小田島等
二〇一七年一二月、池袋でサニーデイ・サービスを想う。 / 野中モモ

■25年目の革新
純粋ポップスへの道 / 松山晋也
成熟を否定し、軽薄さを肯定する二五年目のサニーデイ・サービス / 大石始
ヴァイナルとヴァース、そしてヴィジョンに取り憑かれた少年たち / 吉田雅史
サニーデイ・サービスによる音楽メディア選定の魅力と体力 / 日高良祐

■対談
匿名の歌と、誰かの物語 / 曽我部恵一×豊田道倫(司会=北沢夏音)

■ぼくも駆け出そうか
そっちはどうだい? こっちは「どう?」だい。 / 中村一義
たとえばあの時、曽我部さんが革ジャンを着ていなかったら / 澤部渡
初期のサニーデイ・サービスと / 石塚淳
おっちゃんと優しさ、はつこい / 泉まくら

■恋におちたら
都市の音・都市の歌 / 今沢裕
サニーデイっ子 / 矢島和義
サニーデイ・サービスと私 / 道草晴子
なんでもない、なんでもなくないうた / カニエ・ナハ
陽射しの下、風の吹いてくるここで / 暁方ミセイ

■ピンクの呪文
サニーデイ・サービスの描いた青春、その背景とその先 / フミヤマウチ
「虚無感」と「温かさ」──九〇年代サニーデイと洋楽ロックの親密な関係 / 黒田隆憲
声=歌のゆるやかな移ろい / 柳樂光隆
過剰なるものの切断──即興と雑音のサニーデイ・サービス / 細田成嗣

■90年代を超えて
ファズとどこか遠くへ──時空を超える倍音の表現史と「ニューロック奇譚」の反駁 / 髙橋聡太
ポスト渋谷系の戦略と憧憬──九〇年代のサニーデイ・サービス、その語られ方の移ろい / 飯田豊
「街」の表象とその変化に関する一考察──サニーデイ・サービスの音楽活動に着目して / 三浦倫平

■昨日・今日・明日
サニーデイ・サービス ディスコグラフィ / 八木皓平・矢野利裕・細田成嗣・灰街令

■われ発見せり
モジュラーシンセという沼 / 秋吉康晴

  1. 1. [ムック]