こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【CD】

All In My Mind

Lonnie Smith

  • ポイント10倍
  • 1回の配送の合計金額が、2,000円(税込)以上で送料無料!
  • オンラインキャンペーン価格
    ジャズ スペシャルプライス12%オフ
  • 〈オンラインショップ限定〉ポイント10倍キャンペーン
    開催期間:10月15日(月)11:00~10月19日(金)23:59まで [※期間中のご 予約・お取り寄せ・ご注文が対象 ※店舗取置・店舗予約サービスは除く]

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,581
  • セール価格(税込)
    ¥2,271
    ¥310 (12 %) オフ
  • ポイント数
    21 ポイント →今なら210 ポイント!

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2018/01/19

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入 (International Version)

レーベル

Blue Note Records

規格品番

6721872

商品の紹介

  • ハモンドB-3オルガンの伝説、Dr.ロニー・スミスの『エヴォリューション』続く約2年ぶりのニュー・アルバムは、2017年夏にNYのJazz Standardで行われた生誕75周年記念ライヴの録音!
    2016年の『エボリューション』では1968年ー70年にソウル/ジャズのクラシック名盤を出してきて一躍有名になったブルーノートに復帰。46年間ブルーノートから離れていたが、75歳になった今もイノヴェーションとエクペリメンテーションのマスターとして君臨、未来へのジャズを作り出そうとしているブルーノートの社長ドン・ウォズは伝統を作り上げてきたミュージシャンへの敬意も忘れない。Wall Street Journal紙は「Dr.ロニー・スミスはブルーノートに戻り、オルガン・ソウルの永続的な魅力を披露、オルガン・ソウルのさまざまなスタイリング、スタイルの多様性を実際に演奏している。」と絶賛。
    スミスはグルーヴのエキスパートであり、完璧なショーマンであるため、本作をライヴで演奏したかったのだという。「スタジオで現時点で感じていることを捉えるのは非常に難しいため、ライヴで録音したかったのです。 私のライヴを聴くことは、私の瞬間の演奏をつかむことです。 それは良い気分です。 愛にあふれたシチュエーションです。」とスミス。さらにスミスはギタリストのジョナサン・クライスバーグとドラマー、ジョンナサン・ブレイクとのトリオについて語った。「私のグループは兄弟であり、献身的な家族です。彼らは音楽の心臓部です。 彼らは私が何をしようとしているのかを知っています。 私はいつもその場でプレーし、彼らは調整し、私のためにそこにいてくれるのです。」
    本作品はウェイン・ショーターの1965年ブルーノート作品『ジュジュ』からのタイトル曲からスタートする。さらにポール・サイモンのヒット曲 "50 Ways to Leave Your Lover" では約10分間の心地よいJoe Dysonのドラムに乗ることができる、そして素晴らしいヴォーカリストAlicia Olatujaがフィーチャーされたスミス自身の楽曲のリワーク"All in My Mind"まで楽しむことが出来る。スミス曰く「人生を演奏する、自分のストーリーを話すのさ。僕は僕自身をよく知っている、それは素晴らしいことさ。私はこれまで一緒に葉たらしているミュージシャンをよくわかっていないようなプロデューサーたちと働いてきましたが、ドンは私に自分自身であってほしいというのです。彼はよく分かっていてクリエイティヴィティに敬意を表してくれます。それはその昔、フランク・ウルフが同じようにしてくれたことを思い出します。」
    (パーソネル)Dr. Ronnie Smith(hammond B-3) Jonathan Kreisberg(g) Johnathan Blake(ds)

    発売・販売元 提供資料 (2017/12/06)

作品の情報

メイン

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:56:32

Personnel: Dr. Lonnie Smith (vocals, organ, keyboards); Jonathan Kreisberg (guitar); Johnathan Blake (drums). Audio Mixer: Mike Marciano. Recording information: Jazz Standard, New York, NY. Photographer: Mathieu Bitton. Recorded during his 75th birthday celebration at the Jazz Standard in New York City, All in My Mind follows B-3 boss Dr. Lonnie Smith's acclaimed 2016 release, Evolution, which marked his return to Blue Note Records. Again unobtrusively produced by label boss Don Was, the seven-track set places the great organist in the company of his working trio with guitarist Jonathan Kreisberg and drummer Jonathan Blake. In addition, drummer Joe Dyson and vocalist Alicia Olatuja appear on a track each. The program, like Smith's best Blue Note work from the days of yore (1968-1970), is wildly diverse. It opens with a cooking read of Wayne Shorter's classic modal composition "Juju." Smith's Hammond B-3 goes deep beneath the surface structure of the tune to reveal the subtle colors and tones inherent in the original melody, Kreisberg highlights them with slippery grace and shifting arpeggios, and Blake drives the strident yet mysterious groove with tasty breaks and fills. Smith's labyrinthine solo builds on the changes to balance groove and keyboard pyrotechnics. Another highlight is the nine-and-a-half-minute version of Paul Simon's "50 Ways to Leave Your Lover." Commencing as a slow burn with Kreisberg stating the melody and guest Dyson relying heavily on funky, syncopated breaks, Smith's entry offers subdued tonal shades in the changes until the refrain, when the trio shifts gears toward improvisation, carrying the tune into previously unknown regions. Smith's trio displays its elegant chops and close camaraderie on a sultry, lyrical read of Tadd Dameron's classic "On a Misty Night." They listen closely, while implicitly knowing how to utilize harmonic and dynamic understatement for maximum expression. Smith includes a pair of his own compositions here as well. First is the long, moody, and exploratory "Alhambra," with his keyboard strings and muted trumpet sounds, eventually evolving into a free-for-all jam with everyone digging deep. He also revisits "All in My Mind," from 1977's Funk Reaction. The latter is a more retiring (but no less satisfying) version, with Olatuja's gorgeous voice as its focal point. The set closes with a soul-jazz cum post-bop read of Freddie Hubbard's sprightly "Up Jumped Spring" that finds the great organ master allowing his playful side to come to the fore, gliding through the changes to set the pace for his sidemen. While this set doesn't possess the raw fireworks of his recordings on Palmetto such as Boogaloo to Beck, Too Damn Hot, and Spiral, it more than compensates in taste and outstanding musicianship, making for a thoroughly enjoyable listen from end to end. ~ Thom Jurek

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    Juju

    close

    2.

    Devika

    close

    3.

    50 Ways to Leave Your Lover

    close

    4.

    On a Misty Night

    close

    5.

    Alhambra

    close

    6.

    All in My Mind

    close

    7.

    Up Jumped Spring

    close