こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【CD】

ウィリアム・テル&魔法使いの弟子~シェルヘン管弦楽曲名演集<タワーレコード限定>

ヘルマン・シェルヘンウィーン国立歌劇場管弦楽団

  • ポイント15倍

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 価格(税込)
    ¥1,234
  • ポイント数
    11 ポイント →今なら171 ポイント!

カートに入れる

店舗で取置き

商品の説明

※ステレオ録音
※オリジナル・ジャケット・デザイン使用(ブックレット中にも採用)
※解説:板倉重雄(新規序文解説)他、解説書合計6ページ

商品の情報

発売日

2018/04/18

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

国内

レーベル

TOWER RECORDS UNIVERSAL VINTAGE COLLECTION +plus

規格品番

PROC-2139

商品の紹介

  • シェルヘンの表現主義の極致のような鮮明かつ痛快な名演&初期ステレオ優秀録音!
    初出LP2枚分の内容を収録!

    その独特なスタイルの演奏に今でも根強いファンが多いシェルヘンとのウエストミンスター音源の中から、ウィーン国立歌劇場管弦楽団との小品を含む管弦楽曲アルバム2種を、今回の復刻ではCD1枚に収録しました。国内盤では1999年以来の再発です。LPレコードの最初期からステレオ録音の完成期まで数多くの名盤を制作したウエストミンスター・レーベルによる革新的な録音は今聴いても驚きの連続で、楽器の配置等当時の独特の録音方法ではありますが、演奏共々あらためて録音に対する想いや情熱が感じられる素晴らしい音源であることは疑いの余地がありません。特に、ボレロにおける強い意志に貫かれた微動だにしないシェルヘンの指揮は、ある意味で感銘さえ受けます。
    このCDに収録された1957年のLP2枚分の録音も、元々は「ラボラトリー・シリーズ」のために企画され、同時にステレオLP時代を見据えてステレオ収録されました。プロデューサーは指揮者と強い信頼関係で結ばれていたクルト・リストで、モノラルの「ラボラトリー・シリーズ」での米初出盤の番号は《ボレロ》がW-LAB7059、《ロマン派序曲集》がW-LAB7065、《魔法使いの弟子/火祭りの踊り》がW-LAB7066。ステレオでは《ロマン派序曲集》がWST14031、《魔法使いの弟子/恐怖の踊り/火祭りの踊り/スペイン/ボレロ》がWST14032と続き番号で発売されました。録音は鮮明を極め、左右の分離、オーケストラの色彩感や量感も抜群です。そして何よりシェルヘンの表現主義の極致のような指揮ぶりが凄まじく、鮮やかな音色の描出、竹を割ったように痛快なリズムの刻み、デュナーミクとテンポの突然のギア・チェンジと落差の大きさ、そして音楽に宿る強烈なエネルギー、生命力は驚嘆の一言です。この一枚はまさに、シェルヘン、そしてウエストミンスター・レーベルの黄金の時を刻みこんでいる音と言えるでしょう。
    今回の復刻では、音源は本国のマスターではなく、米MCA倉庫から発見された、ウエストミンスター・レーベルのオリジナル・マスター・テープから復刻されたビクターの国内マスターを使用しました。今回のVintage+plus 特別編「ウエストミンスター・レーベル名盤選Vol.2」は全5タイトルを発売します。

    タワーレコード (2018/03/15)

作品の情報

収録内容

構成数 | 1枚


【曲目】
1. ジョアキーノ・ロッシーニ:歌劇《ウィリアム・テル》序曲
2. エミール・ニコラウス・フォン・レズニチェク:歌劇《ドンナ・ディアナ》序曲
3. フェルディナン・エロール:歌劇《ザンパ》序曲
4. フランソワ・オーベール :歌劇《フラ・ディアボロ》序曲
5. ポール・デュカス:魔法使いの弟子
6. マヌエル・デ・ファリャ:バレエ《恋は魔術師》から 恐怖の踊り、火祭りの踊り
7. エマニュエル・シャブリエ:狂詩曲《スペイン》
8. モーリス・ラヴェル:ボレロ

【演奏】
ウィーン国立歌劇場管弦楽団
ヘルマン・シェルヘン(指揮)

【録音】
1957年(1-4)、1957年5月(5-8)

【原盤】
WESTMINSTER

  1. 1. [CD]