こんにちは、ゲスト

ショッピングカート
  • Check

商品詳細

ジャンル別のオススメ

【CD】

The Book of Longing

Luciana Souza

販売中

在庫あり

発送までの目安:当日~翌日

※発送されてからお届けまでの日数は、地域により異なります

※セブン-イレブン受け取りサービスをご利用される場合、配送に3~4日かかります

  • 通常価格(税込)
    ¥2,473
  • セール価格(税込)
    ¥2,176
    ¥297 (12 %) オフ
  • ポイント数
    20 ポイント
  • まとめてオフ(税込)
    ¥1,978
    ¥495 (20)% オフ
  • ポイント数
    18 ポイント →今なら18 ポイント!

カートに入れる

店舗で取置き

商品の情報

発売日

2018/08/21

フォーマット

CD

構成数

1

製造国

輸入

レーベル

Sunnyside Communications

規格品番

SSC1518

商品の紹介

  • 歌姫ルシアーナ・ソウザ3年振りの新作レナード・コーエンの世界を原点としたイマジネーションあふれる10曲。スコット・コリー、シコ・ピニェイロとのドラムレス・トリオによるフォーキーな風合いも魅力なラリー・クライン・プロデュース第6弾!
    ジャズ/ブラジル音楽をベースに、名実ともに現代を代表するアーティストとなった歌姫ルシアーナ・ソーザ。3年振りとなる作品は、シンプルにして深遠な世界観が満ちあふれるアルバムになりました。
    コンセプトは、"言葉、詩"と"ストリングス"。何年も前に、レナード・コーエンの『Book of Longing』の世界に完全に魅了されたというルシアーナ。本作は、そのコーエン他、エドナ・ミレイ、エミリー・ディッキンソンにインスパイアされて作曲。自らの作詞も含めて10編の曲を収めています。メンバーは、ベーシストのスコット・コリーとギタリストのシコ・ピニェイロと、3人。スロー~ミディアムのテンポのナンバーを、ドラムレスでつづっていく演奏は、その特長が活かされたタイム感覚と、空間の広がりがある穏やかな世界。また「言葉を大切にして、それらが自分を導いて行くものを表現したかった」といい、「演奏は複雑なハーモニーの重なりを排して、シンプルで飾りのないものにしたい」とルシアーナが語る通り、作品の世界は極めてシンプル。しかし、シンプルだからこそ、情感があふれます。ルシアーナが尊敬してやまないミュージシャンで、長年の関係を通して完璧な音楽家ともいい、共演を熱望したというスコット・コリーと、共演歴はやや浅めでありながら、演奏してすぐさま深く共感し合う仲になったというシコ・ピニェイロ2人の奏でる弦の響きと、詩の世界を噛みしめるように思慮深く、ソフトな声質で歌い紡ぐルシアーナの世界は、終始穏やかでありつつ、豊穣。ルシアーナ曰く、「詩の"明確な"意味は必ずしも重要なものではない」といい、「2人のミュージシャンとは"信頼"と"直感"により、何かを尋ねることもなく、答えを得られる仲」とも語る通り、お互いの演奏する音を感じ合うミュージシャンによって奏でられる音楽は、英語の詩の内容や、意味づけのようなものも自然に越えて、聴き手に伝える力ももっているようです。もっとも、ルシアーナは、音楽を奏でる前、詩と真摯に向き合い、何回も読み、噛みしめてイメージを広げるとのこと。また、この作品の制作以前、ルシアーナは、2000年にエリザベス・ビショップの詩を、2003年にパブロ・ネルーダの詩を表現した作品をリリース。前作に至るまで、このような試みを続けており、長年の積み重ねが一つに結実したものでもあります。レコーディングも、コリーのベースと、ピニエロのリズム・ギターそして、ルシアーナの声をライヴのようにレコーディングして、一部のトラックで、ギター・ソロと、パーカッションをオーバー・ダブするというシンプルなものですが、ジャンル/カテゴリーの境界線も飛び越えて、一人の歌い手として、成熟も感じる一作。今回も、公私とも充実のパートナーシップを築くラリー・クラインがプロデュース。クラインのかつてのパートナーであるジョニ・ミッチェルから広がるアメリカン・ポップ・ミュージックのファンの方にもお薦め/聴いていただきたい作品です。

    発売・販売元 提供資料 (2018/07/06)

レビュー

  • K.D.ラング、ジュディ・コリンズなどレナード・コーエン作品を採り上げ彼への敬愛を表した作品が、ジャンルを問わず数多く発表されている。ミュージシャンサイドでのコーエンの評価の高さを物語る。ルシアナ・ソーザの3年振りの新作は、コーエン作のアルバムタイトル曲に魅了された彼女がその世界を拡げて制作された。バックにはインストアルバムレベルのミュージシャンを従えた。ノラ・ジョーンズの登場以来、しばしば使われてきた"フォーキーヴォーカル"のファンにも歌詞をしっかり味わって聴ける格調高い作品だ。また、ジャズのインストファンにもスコット・コリーの実力がはっきり分かる作品だ。
    intoxicate (C)瀧口秀之

    タワーレコード (vol.135(2018年8月20日発行号)掲載)

作品の情報

メイン

オリジナル盤発売日:2018年

収録内容

構成数 | 1枚

合計収録時間 | 00:40:49

Personnel: Luciana Souza (percussion); Chico Pinheiro (guitar). Recording information: The Village Studios, Los Angeles, CA (2018-03-19&2018-03-20&2018-). Photographer: Anna Webber . Since releasing her Sunnyside debut, The Poems of Elizabeth Bishop and Other Songs in 2000, Brazilian vocalist and composer Luciana Souza has woven poetry into the fabric of her work. Subsequent recordings such as Neruda, Tide, and Speaking in Tongues have all employed this approach as the prime vehicle of creative expression for her as a singer and composer, and she shapes the poems as complementary means in generating human connection and meaning. The Book of Longing is titled after Leonard Cohen's collection of poems, lyrics, and drawings of the same name. Here she strips down her charts to offer a new direction in ten relatively brief songs. Souza chose guitarist Chico Pinheiro and bassist Scott Colley as her accompanists (she provides organic percussion selectively), as well as her husband and longtime producer Larry Klein to helm these sessions. The program includes four works by Cohen, and one each by Edna St. Vincent Millay, Christina Rossetti, and Emily Dickinson, alongside a trio of her own songs. Her own "These Things" offers gently syncopated rhythms and minimal textures provided by strings and whispering percussion, Souza's vocals inhabit words and the spaces between them with disciplined phrasing and concision as her musicians provide a color palette that adds depth and dimension. One cannot help but hear the trace influence of Joni Mitchell on this tune. "Daybreak" hearkens back musically to her Brazilian influences, such as Tom Jobim and Dory Caymmi, as slippery bossa is kissed by chamber jazz. Cohen's "The Book" is a vehicle for Souza's canny ability to find the stillpoint inside a lyric. As Colley's bass highlights the changes, Pinheiro's chord voicings and single-string fills add an airy backdrop to her vocal, enveloping it effortlessly. Souza travels through each syllable in the tune's lyric, imparting tenderness and tolerance amid the melancholy weight of meaning it contains. On "Night Song" (also by Cohen), her wordless vocalese introduction engages in taut yet breezy interplay with her sidemen. Their intuitive soloing is fleet and creates a net for Souza, who bridges the feelings of separation and loneliness in the lyric to the unconditional love it celebrates. Dickinson's "We Grow Accustomed to the Dark" is introduced by a rugged bassline. Along with Pinheiro's guitar, they deliver riffs suggestive of blues and rock. But when Souza begins to sing, she wraps both instrumentation and words in a jazz embrace to quietly dynamic effect. Rossetti's "Remember" is a languid elegy, and Souza allows the words to penetrate her to the marrow. Her painfully intimate delivery equates the oncoming pain of death's impossible-to-bear separation with a present in which two souls are joined in the union of heartbreak and longing. Her desire and acceptance drip like honey from her lips, arresting the moment in time. On Book of Longing, Souza displays yet again, her stark and remarkable originality in works of deceptive simplicity and elegance. The empathy and equanimity she displays with her sidemen is actually the sound of musical and emotional generosity. ~ Thom Jurek

  1. 1. [CD]

    タイトル

    時間

    WMA

    HTML

    クレジット

    1.

    These Things

    close

    アーティスト
    Luciana Souza

    2.

    Daybreak

    close

    アーティスト
    Luciana Souza

    3.

    Alms

    close

    アーティスト
    Luciana Souza

    4.

    Night Song

    close

    アーティスト
    Luciana Souza

    5.

    Paris

    close

    アーティスト
    Luciana Souza

    6.

    The Book

    close

    アーティスト
    Luciana Souza

    7.

    Tonight

    close

    アーティスト
    Luciana Souza

    8.

    We Grow Accustomed to the Dark

    close

    アーティスト
    Luciana Souza

    9.

    A Life

    close

    アーティスト
    Luciana Souza

    10.

    Remember

    close

    アーティスト
    Luciana Souza